海外移住で得るもの 豊かさ、幸せの考え方

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

豊かさと幸せ

豊かさとは何だろうか?
幸せとは何だろうか?

あなたは何を持って豊かだ、幸せだと判断しているのか?

私も海外に出るまでは豊かさ、幸せについて深く考えていなかった。
日本にいるときは毎日時間に追われこのような事を考えている時間もなかった。
いかに効率よく時間を使い、仕事を回していくか、
極限まで合理性を求められていた。
海外移住をして現地の人の習慣、文化、考え方に接する事によって豊かさ、幸せについての考え方が変わってきた。

あなたが海外に出ればおそらく得るであろう、豊かさの考え方について記載していきます。

私が海外に出るまでは豊かさについては深く考えておらず、日本人は世界でも有数の経済国でお金があり、
食べるものにも不自由していない位にしかかんがえていなかった。
簡単に言うと日本人は世界でも有数且つ上位に位置している国で豊かさを享受できている国、民族だと思っていた。

しかし、私はこの考え方が海外移住して大きく変わった。
簡単に言うと私は経済的な、お金の側面でのみ豊かさの判断をしていた。

前回貧困について記載をしたが、世界は日本とは比べ物にならない位の貧困が存在している。
経済的な面で見ると彼らより日本人の方が豊かだろう。
しかし豊かさの尺度は経済面だけでは判断出来ないと海外移住をして実感した。

私はタイで海外移住をしているが必ずしも貧しいからといって豊かではないとは言い切れない。

時間の豊かさ

あなたに時間はあるだろうか?遊ぶ時間はあるだろうか?
あなたは自分の時間を確保できているだろうか?
毎日時間に追われ仕事をしていないだろうか?
私が日本で仕事していたころは毎日時間に追われ、仕事をこなしていた。
私だけでなく私の同僚、上司、会社は違う同期みな時間に追われているように見えた。
時間の余裕は全くなかった。

家族との時間の豊かさ

あなたに家族はいるだろうか?
またいたとしても時間を家族の為に使えているだろうか?
いくらお金があっても家族がいなく、一緒に過ごす時間もなければ豊かだとは言えないだろう。
私も社会人になってから家族との思い出があまりなく、家族の為に時間を共有できていなかった。

心の豊かさ

あなたの心に余裕はあるだろうか?
常に仕事の事を考え、プレッシャーを受けていないだろうか?
私の周りにはエンジニア職という事もあり、仕事に追われ、精神を病んでしまう人もいた。
非常に残念であったが、実際に仕事を苦に自殺してしまう人もいた。
年間3万人が自殺をしている、心の豊かさは残念だが無いと思う。

海外では皆自分の時間を大切にしている。
家族を大切にしている。家族を第一に考えて生きている。
心にも余裕があり、いつも皆ニコニコしている。
また仕事に対して心を病むまで我慢する事はなく簡単に辞めていく。

日本人より経済的に貧しくても彼らには時間があり、家族と時間を共有し、心にも余裕がある。

日本人は経済的余裕があるが、果たして彼らより豊か、幸せだといえるだろうか?

どちらが人間的に豊かだといえるのか?

私は海外移住をして現地の方と接する事によって豊かさについての考え方が大きく変わった。
お金が全てではないという事だと考えるようになりました。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です