日本人男性がタイ人女性にモテる5つの理由を徹底解説する

LINEで送る
Pocket

世界中で日本人男性がモテる国はほとんど無い。

日本男児として残念だが、これは事実だ。

スポンサードリンク

日本人男性は世界でモテない

個々に差は合って一概に日本人がモテる、モテないを定義する事は難しい。

しかし、日本人男性は世界でモテないということが一般的だと思う。

日本人はモテない

今までも私が世界を見て来て、色々な人たちと出会って肌で実感している。

オージー、フランス人、ドイツ人、アメリカ人。

やっぱり彼らは日本人よりもモテている。確実に。

海外のクラブやホームパーティーで遊んできて、彼らはいとも簡単に異国の女性をゲットする。

でも、日本人はそうはいかない。なかなか相手にされないのが実情だ。

私自身、海外のパーティや出会いの場でも余り海外の人と出会う事は出来なかった。

少なからずの出会いはあるにはあったが、数は非常に少ない。

それよりも日本人やアジア人とばかり出会っていた。

アメリカやオーストラリアに出てまで、同じ同胞の日本人女性との出会いの方が多かったのだ。

外人女性から見るモテる基準は日本のモテる基準とは大きく異なる。

私が仲良くなれた白人女性も基本的には日本のアニメや日本の文化に少しでも興味がある女性だった。

カワイイ外人

私個人が外人にモテなかったという事もあると思うが、一様に外国女性に日本人男性がモテていなかった事が理由だったと思う。

モチロン私とは別にモテる日本人男性もいる。

日本人男性全員がモテないわけではない。

私自身、カリフォルニアでめちゃくちゃモテている日本人に出会ったことがある。

彼はまず相当顔がカッコ良かった。

そして、英語もペラペラだった。

何より外見だけでなく、内面もイケメンだった。

周りを楽しますことに長けていて、物凄く気配りの聞く紳士だった。

モテているのに女性と遊びまくるというような事はしていなかった。

外見だけではモテる事は難しい。それよりもモテるには行動が重要なのだ。

モテてる奴は大体行動もイケメンなのだ。

カリフォルニアに留学している日本人女性にも超有名な奴だった。

日本人女性だけでなく、アメリカ人、メキシカンにもモテモテだった。

正直めっちゃ羨ましかった。

こういうやつは日本人とか関係なく、どこの国に行ってもモテる。

なので全員がモテていないという訳ではないという事も補足しておきたい。

モテる男

一方日本女性はどうだろうか?

日本人女性は日本人男性とは状況はまるで異なり、世界で大人気だ。

私が出会った各国の男性からも良く日本人女性の事を質問された。特に東南アジアの男性は大好きだろう。

バリボーイズなんてホント日本女性の事が大好きだ。いつも日本の女はどうだ?紹介してくれ。

こればっかりだ。バリニーズは東洋一のナンパヤローどもだと思っている。特にクタビーチにいるやつらはホントイタリア人も真っ青なナンパ師だ。

日本女性はモテる

バリニーズに限らず、世界の男性は日本女性に対して皆興味津々だった。

日本人女性は世界でモテる!

でも、日本人男性は空っきり駄目だ。

草食男子なんて言葉が流行り出してから、尚更拍車が掛かっていると思う。

世界の男性はもっと積極的で優しく且つ肉食男子だ。

日本人がモテる国

話が長くなってしまったが、とにかく日本人男性はモテない。

でも、そんな世界でモテない日本人がモテる国があるのだ。

日本人がモテる国。どこだろうか?

それはタイ王国なのである。

日本人がモテる国タイ

この微笑みの国タイで日本人はめちゃくちゃモテるのだ。

この国に限っては日本人女性だけでなく、日本人男性も例外なくモテている。

日本人がタイでモテるという話を聞いたことがないだろうか?

割と世間一般的にも知られている話だと思う。

とにかく日本人はタイでモテる。

非モテ諸君はタイに移住した方がいいかもしれない。

味わったことのないモテキが到来する可能性が非常に高い。

誰でもモテるのだ。

モテない奴でもモテる奴でも誰でもモテる国。

それがタイランドだ。

凄くないだろうか?

どうしてあんな奴があんな可愛い女の子と一緒にいるのか?

温水洋一さんや蛭っさんがAKBの女の子と手をつないでいるような感覚だ。あり得ないんです。

でもそんなミラクルがタイでは連発しているのだ。

奇跡のような国。日本人みんなモテまくってるんです。

モテモテ中年男性

しかし、ここで一つの疑問が湧く。

なぜ日本人がタイでモテるのか?

世界の国でもそこまでモテるとは言えない日本人がタイでは全日本人男性がモテモテになるのだ。

日本人がタイでモテている。なんでだろう?

なんでだろう~?、なんでだろう~?、な・な・な!なんでだろう~?(テツandトモ)

日本人がタイでモテる5つの理由

世界ふしぎ発見はこの日本男児がタイでモテているふしぎについて取り上げたのか?

問題に出したのか?徹底解説したのか?

してないだろう。

草野仁と黒柳徹子はいったい何してたんだ。

ひとしくん人形とか言ってる場合じゃない。

これからこの世界のふしぎについて私が徹底解説したいと思う。

日本人がタイ人にモテる理由は5つある。

順に紹介していきたい。

理由1.小さい

日本人は世界的に見て小さい民族なのだ。

日本人は小さい

ブラジル人ってマジヤバい。どうなってんだあいつらって感じ。

私自身経験がある。ブラジリアンと比べて日本人は小さい。

ブラジリアンとある夏のパーティに参加した時に彼ら全員に負けたと思った。

全敗したと強く感じた経験がある。

ブラジル人が凄いのはサッカーだけじゃない。

その当時私は相当な精神的ダメージを負った。

その次の日の晩、悲しさのあまり、枕を濡らして一晩中泣いた思い出もある。

私にとって忘れられない夜だ。

日本人は全体的に見て、ブラジル人、ドイツ人、黒人よりも小さい。

これはタイ女性にとってモテる一つの理由で、ダメージが少ない為喜ばしい事なのだ。

理由2.早い

早い

楽しい時間は過ぎるのが早く感じますよね?

でも、それとは意味が違う。同じ時間でも楽しい時間は早く感じる。

これは時間が過ぎるのが早く感じるということであり、本当に時間が早いということではない。

しかし、日本人は本当に早いのだ。

『えっ?もう終わり?』

仕事が早い

そう。日本人は仕事がめっちゃ早いんです。

世界各国の男性と比べてもとてつもなく早い。

サッカーのドリブルで例えたら、日本人はクリスティアーノ・ロナウドともいえる。

短距離走で例えたら、日本人はウサイン・ボルトともいえる。

とにかく早いのだ。

タイ女性からすると回転が早くなり、非常に喜ばしいとのことなのである。

スポンサードリンク

理由3.少ない

回数が少ない事

ここでいう少ないとは回数の事だ。

回数が少ないのだ。

世界と比較しても回数が少ない。

ブラジル人は多いですよ。

特に日本人中年男性にフォーカスするとこれは顕著となる。

少ないことはタイ人女性にとって、とても楽なのだ。

理由4.世界のATM

世界のATM日本

日本は世界で世界のATMと揶揄されている。

日本人が一生懸命働いた多くの血税を他国の支援などに積極的に税金を払うからだ。

そして、タイに来る日本人にも同じことがいえる。

我々日本人はとても金払いがいい。

タイでも日本人が世界のATMとして通っている。

世界のATM

他の国と比べても多くのお金を払ってくれる。

チップ払いが良すぎなのである。そして、パトロンになったりする人もいる。

実際これは日本人だけに当てはまらない。

ケチだと思われているファランも実はマンションを買い与えたり、車をプレゼントしたりしている。

ソイカのバカラの女の子なんてほとんどがファランに支援して貰っている女の子ばっかりだ。

なのでこれはタイを訪れる男性に共通している事だ。

我々日本人も日本で一生懸命汗水流して働いたお金をタイで思いっきり使う。

金を使う日本人

金払いが良い所が日本人がモテている大きな理由の一つだ。

理由5.優しい

モテる為に必要な事

これがモテる為に一番重要な事だ。

我々日本人男性はとても親切で優しいのだ。

どんなにタイ人女性に騙されようが、叩きのめされようが、全財産持って行かれようが受け入れる抱擁力がある。

もう人生立ち上がれない位の痛手を負っている人もいる。

でも、現実を受け入れている。

そんな日本人男性の優しさに甘えるかのようにタイ人女性が漬け込んでくる。

親切なイケメン

そう、我々日本人男性はとても優しい親切な民族なのだ。

優しいっていいことだ。人情のあつい親切なのが日本人なのだ。

ここにタイ人女性からモテている一番の理由がある。 

タイで日本人がモテている理由 まとめ

今回タイで日本人がモテている理由を述べたが、日本でもモテている人はタイでもモテる。

その理由は今回の理由とは異なる。

日本でもモテている人はタイでも日本と同じ理由でモテているのだ。

今回私が記載したのは日本では相手にされないのにタイでモテている日本人男性にフォーカスして理由を述べて行った。

バンコクの街で日本人の中年とめっちゃ可愛い若いタイ人女性が一緒にイチャイチャしている所を見掛ける事もあると思う。

日本では絶対に女性に相手にされないような男性もタイでは相手にして貰える。

頭の禿げあがった中年男性、腹が出たメタボリック脂ぎった日本人男性、日本では異性に相手にされないだろうと思われる男性。

こんな人たちも何の努力もなしにちやほやしてくれる。

タイ人女性からモテモテになる。

タイ人女性

それにはしっかりした理由があったのだ。

日本人がタイでモテる5つの理由。

”小さい、早い、少ない、世界のATM、優しい”

あなたもタイの街角で日本人中年男性と若いカワイイタイ人女性の明らかに不自然なカップルを見掛けたら、こう思ってほしい。

彼らがモテているのは奇跡なんかじゃない。

彼らにはちゃんとした明確な5つの理由があるという事を。

大きな理由があるのだ。

最後に

そして、今私は強く思う事がある。

脂ぎった日本人中年男性が一回りも二回りも若いタイ人女性を連れて歩いているのを見るのはもうこりごりだ。

せめて、プリティウーマンのリチャード・ギアのように中年男性が若い女性と一緒に歩いていても違和感なく、カッコ良く、紳士的であるべきだと思う。

紳士

日本人男性が本当の意味でタイでモテるようになる日が来るように願っている。

その為には日本人男性が努力していくべきだと強く思う。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

7 Responses

  1. まえだ より:

    読んで笑ってしまいました^^
    毎年タイのバンコクとパタヤを行き、サーフィンもしてるのでなんだか共通点が多くコメントしてしまいました。
    タイで生活されてるなんて羨ましいです。

    • ken より:

      まえださん

      コメントありがとうございます。笑って貰って嬉しいです。
      前田さんはサーフィン好きなタイ好きとは似ていますね!サーフィンもタイも最高ですよね。
      私の周りにはサーフィンやっている人は皆無ですので(涙)、前田さんのような方にコメント貰い嬉しいです。

      いま、自分の意志でタイで生活している日本人は本当多いです。
      日本人向けの仕事も多く、海外生活のハードルは他の国よりも低いのではと感じます。
      万人には勧められることではないですが、タイが好きならタイで働くのもアリかなと思います。
      ただサーフィンの環境は。。。日本の方がいいかもしれません(涙)

      • まえだ より:

        返信ありがとうございます。

        ほんとまわりにサーフィンしている人いないですよね。
        職場でも僕だけであとはスノボーダーばっかりです。

        サーフィンあるあるネタわかりますわー笑
        後ローカルルールもいろいろありますね。

        今までずっとタイはどこでサーフィンできるのかと思ってたのでなんだか謎がおかげさまで解けました。
        プーケットは前からサーフィンできると聞いたことあるんですけど、夜の方の質がパタヤより落ちると聞いたので行けそうにありません笑

        タイで生活したい気持ちだけありますが、年に1回の長期の休みを楽しみに頑張ってるんで今のままでいいかなと思っております。

        けんさんに質問があるんですが、去年は自分はミャンマーとタイを旅行したんですが、今回はベトナムとタイにしようかと思ってるんですが、ベトナムって見どころありますか?

        他におすすめの国あったら教えていただきたいです。
        カンボジアは行ったことあります。

        • ken より:

          まえださん

          コメントありがとうございます
          職場にスノーボーダーは結構多いっていうの凄い分かります。同じ横ノリなのに全然違いますよね。
          サーフィン面白いけど、始めるのと続けるのが敷居が高いですね。

          年に一回のタイ旅行のスタイルも凄い良いと思いますね。
          やっぱり旅行と生活はだいぶ違います。

          ベトナムはハノイがいいですよ。食事も美味しいですし、見所もあります。
          ベトナムはタイ以上にいい波があってサーフィンも出来るので、ベトナムでサーフィンもありかもしれません。
          当たれば結構波デカイです。水が少し冷たいですが、人もいなくて最高ですよ。

          ベタですが、東南アジアならバリですかね。サーフィンなら。
          カンボジアはおそらくアンコールワット行かれたかと思いますが、シアヌークビルという所も面白いですよ。カジノが出来ます。

          あまり人がいないところ攻めてみるのも面白いと思います。

  2. まえだ より:

    返信ありがとうございます。
    やっぱりサーフィンはほんとに好きじゃないと続かないスポーツですよね。
    始めの何年かは一人ではまって行く感じじゃないと・・・

    職場に外国人が一人いるんですが、なかなか大変そうなので見てるだけで十分ですね・・笑

    ベトナムのハノイもいいんですね、気になってます。
    自分はサーフィンメインの旅行じゃなくて、観光ついでにサーフィンできればいいかなという考えなので、ベトナムでできたらやってみたいです。

    カンボジアはそうそうアンコールワットですね。
    カジノできるとこあるんですね。
    知らなかったです。

    人がいないところに旅行行くのがいいですね。
    あまりにも日本人ばっかりのところに行くのも面白くないですし。
    情報ありがとうございました^^

    ハノイが今一番気になっております。
    人があまりいないところに行きたいですね。

    • ken より:

      まえださん

      返信ありがとうございます。
      おっしゃる通り、好きじゃないと続かないですよね。
      サーフィンは過酷なスポーツですし、好きになるまでに時間が掛かったりします。

      人がいないところがいいですよね。
      バンコクも日本人いないところないように思われてますが、実は結構まだまだあります。
      サーフィンにも同じ事が言えると思います。
      インド、バングラデッシュ、アンダマン諸島あたりはまだまだ未踏のサーフポイントがあるに違いないです。

      そういうところを探すのも面白いですよね。

  3. 山本太郎 より:

    ネタ記事だったのね笑
    すっかり釣られて最初から読んでしまった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です