官能的?衝撃的?映画で印象的だったシャワーシーンTOP10ランキング!

LINEで送る
Pocket

シャワーシーンは、映画でよく描かれています。

ジャンル問わずシャワーシーンは映画で鉄板のシーンであります。

ホラー映画だったり、コメディ映画だったり、アクション映画だったり、恋愛映画だったり。

本当色んな映画で色々なシャワーシーンが存在しているのです。

映画の数だけ、シャワーシーンがあると言っても過言ではありません。

ということで、

今回は映画で印象的だったシャワーシーンを順に紹介していきます。

スポンサードリンク

映画で印象的だったシャワーシーンTOP10ランキング!

印象的だった映画のシャワーシーンを順に紹介していきます!

10位 モニカ・ベルッチ(アレックス)

sexyshowerscene

作品概要

公開:2002年
監督:ギャスパー・ノエ
出演:モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル、アルベール・デュポンテル

イタリアの秘宝と呼ばれるモニカ・ベルッチが出演したサスペンス映画の「アレックス」。

この映画は、モニカ・ベルッチ好きは必見の映画です。

実生活での夫でもあるヴァンサンカッセルとの共演そして衝撃的な地下道でのシーンなどかなり盛りだくさんの内容です。

この衝撃的映画での実際の夫でもあるヴァンサンカッセルとのシャワーシーンもとても印象的でした。

シャワーシーンでのキスシーンは、本当の夫でもあるのでやけにリアリティがありましたね。

トム・クルーズとニコール・キッドマンが実際の夫婦の時に出演した「アイズ・ワイド・シャット」と同じような感じで妙にリアリティがある作品でした。見

たことなければチェックぜひ。

見れば、絶対にモニカ・ベルッチの胸触りたいと思うはずですよ!

9位 ジョディ・フォースター(ハートに火をつけて)

supereroticmovie

作品概要

公開:1990年
監督:デニス・ホッパー
出演:デニス・ホッパー、ジョディ・フォースター

ハリウッドの大女優ジョディ・フォスターが20代後半に出演したサスペンス映画。

この映画でのシャワーシーンは凄かったですね。

ガラス越しですが、ジョディ・フォスターの豊満な裸体を見ることができます。

ハリウッドの女優って、役のためなら人肌脱ぐのはやっぱり凄いですね。

日本女優も見習って欲しいです!

話はずれましたが、ジョディ・フォスターのガラス越しシャワーシーンチェックぜひ!

ガラスぶっ壊して、触りてーって思うはずですよ!

8位 アナ・ケンドリック(ピッチ・パーフェクト)

作品概要

公開:2012年
監督:ジェイソン・ムーア
出演:アナ・ケンドリック、レベル・ウィルソン

ミュージカルコメディ映画「ピッチパーフェクト」でのシャワーシーン。

清楚な役柄を演じることが多いアナ・ケンドリックのシャワーシーンも印象に残っています。

清楚な女性のシャワーシーンっていいよね!

清楚なアメリカ女性と付き合いたいよねー!

7位 ピエロ(IT)

作品概要

公開:1990年
監督:トミー・リー・ウォーレス
出演:ティム・カリー、ジョナサン・ブランディス、セス・グリーン

サスペンスホラー映画「IT」での、印象に残っているシャワーシーン。

この映画でこのマックのドナルドみたいな格好したピエロが至る所から出てくるんですが、シャワー室での出演シーンも気持ち悪く印象に残っています。

スポンサードリンク

6位 ナタリー・ポートマンとアシュトン・キャッチャー(抱きたい関係)

showerscene

作品概要

公開:2011年
監督:アイヴァン・ライトマン
出演:ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャー

ラブコメディ映画「抱きたい関係」でのナタリーポートマンとアシュトン・カッチャー。

映画序盤でのこの二人のシャワーシーン良かったですね。

このGIFではナタリーポートマン泣いているように見えますが、決して泣いているのではなく楽しんでます。

これ以外にもこの映画はナタポとアシュトンの下着姿でのイチャイチャやかなり際どいトークなど盛りだくさんのラブコメです。

ナタリーポートマン好きはチェックぜひ!

5位 アン・ハサウェイ(レイチェルの結婚)

rachelgettingmarried

作品概要

公開:2008年
監督:ジョナサン・デミ
出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デヴィッド

アン・ハサウェイがアカデミー主演女優賞にノミネートされた作品。

僕の中ではアンハサウェイが出演した映画の中で一番の映画です。

非常に重い内容の映画で、アンハサウェイがアカデミー賞にノミネートされたのも頷けます。

この映画でのシャワーシーン。

アンハサウェイであれば、官能的に映ると思うかもしれませんが、かなり重いシーンとなっていました。

annehathaway-showerscene

シャワーシーンって重い雰囲気を出すシーンにもなるなーと思った印象的なシーンでした。

4位 シルベスター・スタローンとシャロン・ストーン(スペシャリスト)

specialistshowerscene

作品概要

公開:1994年
監督:ルイス・ロッサ
出演:シルヴェスター・スタローン、シャロン・ストーン、ジェームズ・ウッズ

1990年代のアクション大スターであったシルヴェスター・スタローンと同じく同時期にハリウッド大女優が共演したアクション映画。

この2大俳優が超濃厚なシャワーシーンをこのスペシャリストでは見せつけてました。

シャロン・ストーンは「氷の微笑」でもノーパンでしたし、このシャワーシーンでもスッポンポンでしたし、やっぱハリウッド映画すげーと思った次第です。

3位 ダニエル・クレイグとエヴァ・ストーン(カジノロワイヤル)

作品概要

公開:2006年
監督:マーティン・キャンベル
出演:ダニエル・グレイグ、エヴァ・グリーン

ダニエル・クレイグの007シリーズ「カジノ・ロワイヤル」でのエヴァ・グリーンとの悲しさ溢れるシャワーシーン。

ダニエル・グレイグが演じたジェームズ・ボンドとしては初の作品であり、

この「カジノロワイヤル」は、他の007シリーズと異なり一切コメディ要素ないシリアステイストな感じでしたね。

シャワーシーンでも非常に悲しい感じの雰囲気を出してました。

エヴァ・グリーンって僕の知る中ではTOP3に入るくらいエロいシーンが多いハリウッド女優です。

この映画ではそこまでエロくないですが、彼女の美しさを如何なく発揮した作品なのでチェックぜひ!

2位 サイコ

作品概要

公開:1960年
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:アンソニー・パーキンス、ジャネット・リー、ヴェラ・マイルズ

映画史に残るシャワーシーンといえば、やっぱりヒットコックのこの「サイコ」は外せません。

このシーン、この映画を見たことない人でも見たことあると思います。

映画見たことない人はわからないかもしれませんが、このシーンは中盤で描かれています。

このシャワーシーンは「サイコ」のラストシーンではないんです。

でもこのシャワーシーンが一番怖く、一番印象的なシーンでした。

ラストもラストで衝撃的なシーンの映画でもありますし、非常に面白い映画です。

すでに50年も前の作品ですが、未だに名作と言われるホラー・サスペンス映画ですので、「サイコ」はチェックぜひ!

1位 ケヴィン・スペイシー(アメリカン・ビューティー)

作品概要

公開:1999年
監督:サム・メンデス
出演:ケヴィン・スペイシー、ミーナ・スヴァーリ、ソーラ・バーチ

名シャワーシーンと言われる「サイコ」を抜いて堂々の一位がこの「アメリカン・ビューティー」です。

2000年の第72回アカデミー賞を5部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞、撮影賞)受賞したアカデミー作品です。

主演のケヴィン・スペイシーはこの作品で、アカデミー主演男優賞を受賞しました。

みなさんは、この映画見たことありますか?

americanbeauty

本当これアカデミー賞取っていいの?っていう内容の映画でしたよね?

このシャワーシーンも主演のケヴィンスペイシーなんですが、一体何やってるの?

いったい右腕は何してるの?

ガラス越しなんで、イマイチよくわからないんですが、体洗っているようには見えないんです。

本当、こんな奴をアカデミー賞取らせていいの?って、シャワーシーン見て、凄い思いましたね。

しかも、このシャワーシーンだけじゃないんですよ。

ベッドとかいろんな所で同じようなシーンがあるんです。

でも、今思うと、こんなシャワーシーン今までなかったわけなんです。

ある意味でハリウッドの常識を破ったシャワーシーンだとも思うんですね。

だから、アカデミー審査員もケヴィン・スペイシーに主演男優賞を受賞させたんだと思うんですね。

言い換えるならば、このシャワーシーンがアカデミー賞を呼び込んだと言っても過言ではないシャワーシーンだっッタと思うんですね。

これから、ハリウッド女優がこの映画のケヴィンスペイシーのようにシャワーシーンを描く姿期待したいです!

最後に

如何でしたか?

あなたにとって印象的なシャワーシーンは含まれていましたか?

シャワーシーンって映画の中でキーとなるシーンとなることが多いんですね。

映画の中でシャワーシーンが描かれていたら、注視しておきましょう!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です