最強英国紳士!イギリスの超絶イケメン俳優TOP50ランキング!!

LINEで送る
Pocket

弱きを助け、強きを挫く者。

時に悪を倒すことができる正義のヒーロー。

上品であり、教養も兼ね備え、博愛精神を持ち、常に清く、そして礼儀正しい男。

これらを全て併せ持つ男。

それが英国紳士だ。

englishgentleman

英国紳士という言葉を一度は聞いた事があるのではないだろうか?

この英国紳士という言葉は、元を辿れば16世紀から続くイギリスの支配階級にいた名声や人望を兼ね備えた貴族の事を指す。

英語では、イングリッシュジェントルマン、またはジェントルマンの名で知られており、日本語では英国、つまりイギリスの紳士という意味である。

日本語での紳士という言葉の意味は、「縉紳の士」に由来しており、社会的に高い地位にいる男性を指す。

現在の紳士は、決して高い地位にいる者だけを指す言葉ではなくなっているが、日本でも古来から使用されている言葉である。

紳士とは、そうつまり、我々日本人男児が目指すべき男を指すのである。

ikemen

なぜ、日本人が英国紳士を目指すべきなのか?

なぜ、博愛精神に富んだ清く礼儀正しい男になるべきなのか?

それは、何より日本男児は世界でモテないからだ。

我々日本人男児がもっともっとモテるようになる為には、この紳士になるべきなのだ。

金髪白人女性からモテるために、英国紳士になるべきなのだ。

いつの日か金髪白人外国人女性と結婚するためには、まず英国紳士を知るべきではないのだろうかと私は今強く確信しているのだ。

モテるためには我々日本人は博愛精神に富んだ、礼儀正しい紳士になる必要があるのだっ!!

supergentleman

紳士になってからモテるでも、モテるために紳士になるでもプロセスなんてどうだっていい。

そんなことはどうでもいい、過程なんてどうだっていいのだ。

とにかく、私は金髪白人女性にモテたいのだ。それだけだ。

そのためには、英国紳士にならなければならない。

上品でエレガントで博愛精神を持つ紳士になれなければならないのだ。

そして、この英国紳士という言葉を生んだイギリスには今現在も多くの英国紳士が存在している。

そう、我々非モテ男子が参考にすべき紳士の多くが英国に存在しているのだ。

どうやったらモテるのか?英国紳士とはどういった人たちを言うのか?

そう思うと、イギリス人男性を調べなくてはならないという使命にかられた自分がいることに気がついた。

今回は、我々日本男児が学ぶべき英国紳士を順に紹介してみたい。

スポンサードリンク

英国紳士超絶イケメン俳優TOP50ランキング!!

外国人女性と結婚をしたい人に向けて、参考にしたいイギリス発超絶イケメン英国紳士を順に紹介していきますねー!

50位 ピアース・ブロスナン

pierce-brosnan

プロフィール

生年月日:1953年5月16日
出身地:アイルランド ドロヘダ

「007シリーズ」の5代目ジェームズ・ボンドとして有名な俳優。

元々はイギリスのテレビドラマシリーズに主に出演する俳優でしたが、007を皮切りにハリウッド映画にも多数出演する俳優となっています。

とにかく、ダンディな俳優です。

年を重ねても、いつでも女性と遊んでいたいですよね。

こんなイケメンダンディになれば、年取っても一生女遊び出来そうです。真似しましょう!

49位 ベネディクト・カンバーバッチ

benedict-cumberbatch

プロフィール

生年月日:1976年7月19日
出身地:イギリス ハマースミス

イギリスの超人気ドラマ「シャーロック」のシャーロック・ホームズ役が話題の俳優。

海外ドラマといえば、アメリカと思うかもしれませんが、実際アメリカのドラマが一番面白いんですが、ヨーロッパのドラマも負けてはいません。

ヨーロッパだとイギリスと北欧が面白い海外ドラマが多いです。

「シャーロック」は今一番面白いヨーロッパ発のドラマだと思います。

海外ドラマのドラマ版アカデミー賞と言われるエミー賞で主演男優賞も受賞しています。この作品はネットフリックスで見れるので是非チェック。

また、ドラマ以外だと2014年には「イミテーション・ゲーム」にも出演し、アカデミー賞主演男優賞にノミネートもされています。

名前が覚えるの難しい俳優なので、ニックネームのティモシーで覚えておきましょう。

こういう知的な雰囲気ってモテるためにも必要ですね。知的な雰囲気醸し出して、金髪外人と仲良くなりたいものです。

48位 ヒュー・ローリー

hugh-laurie

プロフィール

生年月日:1959年6月11日
出身地:イギリス オックスフォード

アメリカの人気医療ドラマ「Dr.House」の主演として有名な俳優。

精悍な顔つきと鋭い目つきが印象的ですが、元々はコメディ俳優として有名です。

ドラマ以外だとジョージクルーニー主演の「トゥモローランド」などに出演しています。

渋い感じの英国紳士です。短髪に無精髭ってカッコイイですね。

47位 ジョナサン・リース=マイヤーズ

jonathan-rhys-meyers

プロフィール

生年月日:1977年7月27日
出身地:アイルランド ドリムナ

アイルランド出身の超絶イケメン。

モデル出身ですが、数多くの映画にも出演しています。

「The Tudors〜背徳の王冠〜」、「マッチポイント」、「ベルベッド・ゴールドマイン」などですね。

なお、2010年にユナイテッド航空にて酒に酔って暴れてしまい、ユナイテッドから搭乗を終身拒否されています。

どんだけー!!って感じですね。

ぶっちゃけ、ダメ英国紳士ですが、結構お酒飲むイギリス人男性は多いんで、気をつけましょう!

スポンサードリンク

46位 ヘンリー・カヴィル

henry-cavill

プロフィール

生年月日:1983年5月5日
出身地:イギリス領 チャンネル諸島 ジャージー島

大人気アメコミ原作のスーパーマンを演じている事で有名な俳優。

筋肉が本当すごい俳優です。

まさにスーパーマンという感じの筋肉モリモリのガタイで、ピッタリな役者さんです。

「バットマンvsスーパーマン」、「マン・オブ・スティール」の2作が記憶に新しいですね。

この二つの映画は、アメコミ原作ですが、全く子供向けに作られていない映画です。

大人向けの映画で、大人が楽しめる映画になってます。逆に子供がスーパーマンと思って見に行っても楽しめない映画でした。

2017年も「ジャスティスリーグ」などDCコミック原作のヒーローが勢ぞろいする映画に出演するなどスーパーマンとして活躍が予定されています。

2016年以降も引き続き要チェックな俳優です。

実はこの俳優、現在ダニエル・グレイグ演じる6代目ジェームズ・ボンドの最終オーディションテストまでダニエルグレイグらと共に残っていたんですが、当時まで22歳で若すぎるという理由で却下されてしまった経緯があります。

現在スーパーマンをシリーズで演じているので、ないとは思いますが、次の次くらいの「007」シリーズ ジェームズ・ボンドに抜擢される可能性もあると個人的に思ってます。

これからの活躍に期待したいですね。英国紳士は筋肉も素晴らしいです!

45位 キーファー・サザーランド

kiefer-sutherland

プロフィール

生年月日:1966年12月21日
出身地:イギリス ロンドン

「24」のジャックバウアー役として有名な俳優。

「24」は世界でアメリカドラマを大流行させたきっかけを作った作品です。

後に続く、「プリズンブレイク」もイギリス出身の俳優が主演だったので、アメリカのドラマ作品でしたが、アメリカドラマが、いま世界的に流行しているのはイギリス人のおかげとも言えますね。

キファーサザーランドは、24に出演する前から数多くの映画に出演していましたが、やっぱり24から爆発的に知名度が上がりました。なので大器晩成型俳優とも言えます。

24以外にも「ロストボーイ」、「ア・フュー・グッドメン」など面白い作品多しですので、チェックしてみるといいと思います。

44位 エディ・レッドメイン

eddie-redmayne

プロフィール

生年月日:1982年1月6日
出身地:イギリス ウェストミンスター

イギリスの子役出身俳優。

非常に可愛い少年時代から映画に出演し続けています。

「リリーのすべて」、「レ・ミゼラブル」、「ジュピター」などが彼の代表作ですね。

ハリウッドで子役から出演している俳優はだいたい大人になると大成しないパターンが多いですが、エディレッドメンは問題なく活躍し続けています。

これからも期待したいです。

43位 イドリス・エルバ

idris-elba

プロフィール

生年月日:1972年9月6日
出身地:イギリス ニューアム区

イギリス出身の黒人俳優。

今現在、ダニエル・グレイグの後の次期007ジェームズボンド役が話題になっていますが、このイドリスエルバは大有力候補として名を重ねています。

彼が次のボンドになれば、黒人としての初のジェームズ・ボンド役となりそうです。

確かに、デンゼル・ワシントンのように渋くて男気がある雰囲気を持っているので可能性としてはなくはなさそうです。

いままでに「刑事ジョン・ルーサー」、「パシフィック・リム」、「プロメテウス」などの話題作に出演していました。

2017年はスティーブンキング原作の長編小説をもとにした映画「ダークナイト」も公開が予定されています。

話題作に続々出演している俳優なので、これからもチェックしていきましょう!

42位 ケネス・ブラナー

kenneth-branagh

プロフィール

生年月日:1960年12月10日
出身地:イギリス ベルファスト

イギリス出身の名脇役。

主役よりも脇役としての活躍が著しい俳優です。

ケネスブラナーが出演している映画を見ると安心します。

正直、主役を張れるような外見とは言えませんが、主役を引き立てるこういった脇役の存在は映画に欠かせないと思います。

「シンデレラ」、「ハムレット」、「マイティ・ソー」などそのいづれでも味のある役柄を演じています。

いづれも面白い映画なので、チェックぜひ。

41位 レイフ・ファインズ

ralph-fiennes

プロフィール

生年月日:1962年12月22日
出身地:イギリス イプスウィッチ

イギリス出身の名俳優。

非常に端正なマスクをした俳優です。

有名な作品にいくつも出演しているので知っている人も多いはずです。

「シンドラーのリスト」では冷血なナチス将官を演じていましたね。

この映画出演時が、奇しくも一番外見的にカッコよかったかもしれません。

また、その後に出演した「イングリッシュ・ペイメント」では、ナチスとは反対側にいる役を演じていました。これも印象的でしたね。

「グランド・ブダペスト・ホテル」や「レッド・ドラゴン」など他にも名作映画多しです。

40位 ジェイミー・ベル

jamie-bell

プロフィール

生年月日:1986年3月14日
出身地:イギリス ビリンガム

英国の子役出身俳優。

2000年の「リトル・ダンサー」でスクリーンデビューし、その後、活動の場をハリウッドへ移し、現在大活躍中の若手俳優。

「ディファイアンス」、「ファンタスティック・フォー」、「キング・コング」など近年話題のハリウッド作品の多くに出演しています。

これから注目度が高い俳優ですので、期待しましょう。

39位 ユアン・マクレガー

ewan-gordon-mcgregor

プロフィール

生年月日:1971年3月31日
出身地:イギリス パース

イギリス出身の超有名ハリウッド俳優。

イギリス出身の俳優としては、1、2を争うほどの知名度がある俳優でしょう。

一度は見たことある俳優だと思います。

「トレインスポッティング」で世界的に爆発的に有名となり、その後も「スターウォーズ」シリーズ、「インポッシブル」、「ムーランルージュ」など話題作の多くに出演しています。

2017年には「トレインスポッティング」の続編「ポルノ」に主演することも決定しています。

数多くの作品に出演していますが、未だ、オスカーノミネートがないのが残念なポイントですが、これからも話題の映画に出演し続けると思うので期待しましょう。

38位 ベン・ウィショー

benjamin-john-whishaw

プロフィール

生年月日:1980年10月14日
出身地:イギリス クリフトン

可愛い系英国男子俳優。

近年活躍が素晴らしい俳優です。

007シリーズのメガネ男子Q役に抜擢されているので見た事ある人も、きっと多いはずでしょう。

「007スカイフォール」、「007スペクター」の2作に連続で出演しています。

最近だと「クラウド・アトラス」でのゲイ役が記憶に新しいですね。なんとも言えない可愛い感じのゲイをねじていました。

この映画もおすすめの映画で面白いので是非。

37位 サイモン・ペグ

simon-pegg

プロフィール

生年月日:1970年2月14日
出身地:イギリス ブロックワース

イギリスのコメディアン。

元々コメディを主体とした作品に多く出演していましたが、近年ハリウッドでの活躍が目覚ましい俳優です。

「ショーン・オブ・ザ・デッド」は最高に面白いゾンビ映画です。この映画に主演してから、目覚ましい活躍を見せています。

そして、近年特に活躍がすごく、2015年には「スターウォーズフォースの覚醒」、「ミッションインポッシブル ローグ・ネイション」、2016年には「スタートレック」にも出演しています。

「ショーンオブザデッド」はマジで面白いサイモンペグのコメディアンとしての魅力を最大限に発揮した作品なので、ぜひ見てみましょう。

36位 ジェラルド・バトラー

gerard-butler

プロフィール

生年月日:1969年11月13日
出身地:イギリス ペイズリー

グラスゴー大卒の元弁護士の肩書を持つ、超インテリ俳優。

「300<スリーハンドレッド>」、「エンド・オブ・ホワイトハウス」、「P.Sアイラヴユー」など、アクションもラブコメディも演じられるカメレオン俳優でもあります。

スリーハンドレッド出演時の肉体が凄まじかったことでも知られています。

この映画は、アドレナリン出まくりの物凄いアクション映画で、肉体美も引き立ってました。

ちなみに、この俳優はUKロックのColdplayが好きなようです。コールドプレイは確かに最高ですよね。

個人的にはこの俳優も次期007の可能性あるんじゃないかと思っています。

ダンディでカッコイイアクションもできる俳優です。

35位 ヴィニー・ジョーンズ

vinnie-jones

プロフィール

生年月日:1965年1月5日
出身地:イギリス ワトフォード

イギリスの強面俳優。

「スナッチ」、「ロック」、「ストック&ストック&トゥー・スモーキングバレルズ」、「ミーン・マシーン」など、出演する作品はそのどれもが強面の役柄です。

イギリスのフーリガンとかマフィアとかの強面系を演じさせたら、一番の役者とも言えるでしょう。

ヴィニージョーンズは実は元サッカー選手でもあります。

プレミアリーグにも在籍してたんで一流のフットボーラーでもあったわけですが、正直フーリガンにしか見えませんね。でもカッコイイからいいっしょ!

34位 ロバート・カーライル

robert-carlyle

プロフィール

生年月日:1961年4月14日
出身地:スコットランド グラスゴー

イギリスの名俳優。

「トレインスポッティング」、「フル・モンティ」、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」、「28週後…」などイギリス発の名作映画の多くに出演しています。

一度見たら忘れられない特徴的な顔しています。笑顔も素敵です。

33位 ロジャー・ムーア

roger-george-moore

プロフィール

生年月日:1927年10月14日
出身地:イギリス ロンドン ストックウェル

「007シリーズ」の3代目ジェームズボンド。

007史上最も多くのボンドを演じた俳優です。

7作に出演していて、未だにこの記録は破られていません。

非常にボンドとして親しまれた俳優と言えるでしょう。ダンディですね。

32位 ダニエル・ラドクリフ

daniel-jacob-radcliffe

プロフィール

生年月日:1989年7月23日
出身地:イギリス フラム

イギリスのベストセラー小説J・K・ローリング原作の「ハリーポッター」シリーズのハリーポッター役を演じたことで有名な俳優。

この「ハリー・ポッター」役が有名ですが、2010年以降には他の映画作品にも多く出演しています。

「ヴィクター・フランケンシュタイン」や「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」などの作品に出演し、ハリポッター役からの脱却を図ろうとしています。

マコーレカルキンやハーレイ・ジョエル・オスメントのようには絶対にならないで欲しいですね。

今後に期待したいです!

31位 ジェームズ・マカヴォイ

james-mcavoy

プロフィール

生年月日:1979年4月21日
出身地:スコットランド ポート・グラスゴー

スコットランド出身のハリウッド俳優。

「つぐない」、「ラストキング・オブ・スコットランド」など2007年以前はイギリスを中心に活動し、2008年の「ウォンテッド」からハリウッドへ進出し、多くの作品に出演しています。

この俳優は「X-MEN」シリーズのプロフェッサーX役として有名ですね。

プロフェッサーXはスキンヘッドの車椅子姿ですが、普段は超イケメンです。

原作では凄いオジさんなんですけど、なぜイケメンであるジェームズ・マカヴォイを配役したかは謎ですね。

30位 コリン・ファレル

colin-james-farrell

プロフィール

生年月日:1976年5月31日
出身地:アイルランド カッスルノック

アイルランド出身のハリウッド俳優。

「マイアミバイス」、「トータル・リコール」、「フォーン・ブース」、「マイノリティ・リポート」などアクション映画を中心に活躍していますね。

僕の個人的な印象としては、多くの作品に出演していますが、これといってコリンファレルの代表作となるような作品は未だにないなというイメージです。

なので、これからの活躍に期待したいですね。

余談ですが、私生活でもビデオ流出事件やテレホンセックス事件などの事件を起こしてしまっている俳優でもあります。

ちょっと英国紳士とは程遠いですが、カッコイイんでいいでしょ!

カッコよければ何やっても許されるでしょって感じですね。

29位 ウェントワース・ミラー

wentworth-miller

プロフィール

生年月日:1972年6月2日
出身地:イギリス チッピング・ノートン

アメリカの大人気ドラマ「プリズン・ブレイク」で主役のマイケル・スコフィールド役として世界的に有名となった俳優。

アメリカの刑務所の話でしたが、実際にはイギリス出身の俳優だったんですね。

このプリズンブレイク以外にも、「バイオハザード4」、「白いカラス」など映画にも出演しています。

なお、2017年には「プリズンブレイク」の新シリーズが始まる予定です。これも期待したいです。

ちなみに、同性愛者であることも公に公表しています。

刑務所って同性しかいないので、脱獄しないで刑務所の方が幸せだったかもしれないですね。

28位 キリアン・マーフィー

cillian-murphy

プロフィール

生年月日:1976年5月25日
出身地:アイルランド ダグラス

独特な蒼い目を持つ目に特徴を持つ俳優です。

「インセプション」、「バットマン」シリーズなどクリストファーノーラン出身の映画に何回も出演することで知られています。ノーランのお気に入りの俳優なんでしょう。

なお、同じアイルランド出身の俳優であるリーアムニーソンやコリンファレルと仲が良いようです。

やっぱりハリウッドに行っても、同胞と仲良くしたり、協力していく姿勢は大切ですね。華僑とか印僑にも同じことが言えます。

海外に出ている日本人である和僑もこういった姿勢は見習いたいですね。

27位 ヒュー・グラント

hugh-grant

プロフィール

生年月日:1960年9月9日
出身地:イギリス ロンドン

イギリス出身の俳優。

「ノッティング・ヒルの恋人」、「フォー・ウェディング」、「ラブ・アクチュアリー」、「ブリジット・ジョーンズの日記」など恋愛映画に特に多く出演している俳優です。

なんとなく、ダメ男っぽい、弱々しい外見ですが、非常に優しそうなイメージがあります。

やっぱり優しいそうって重要ですよね。母性本能をくすぶるんでしょう。

ヒモになりたい人は、ヒューグラントの映画参考にすると良いかもしれません!

26位 ロバート・パティンソン

robert-douglas-thomas-pattinson

プロフィール

生年月日:1986年5月13日
出身地:イギリス ロンドン

「トワイライト」シリーズのエドワード・カレン役として非常に有名な俳優。

この映画は、世界の女性を虜にしました。

今僕が住むタイでも女性の間で大好評です。

トワイライトシリーズ以外にも多くの映画に出演していて、「リメンバー・ミー」、「恋人たちのパレード」など恋愛映画を中心に活躍しています。

「リメンバーミー」は超衝撃的恋愛映画です。

映画の最後が凄いんです。大ドンデン返しくらいたければ、ぜひチェックしてみましょう!

25位 ケーリー・グラント

cary-grant

プロフィール

生年月日:1904年1月18日 – 1986年11月29日(没)
出身地:イギリス ブリストルホーフィールド

イギリスの20世紀を代表する伝説的俳優。

1942年「愛のアルバム」、1945年の「孤独な心」でアカデミー主演男優賞に2度もノミネートされ、1970年にはアカデミー名誉賞を受賞しています。

「北北西に進路を取れ」、「汚名」、「断崖」、「泥棒成金」など、20世紀を代表する映画監督アルフレッド・ヒッチコックと黄金コンビの作品が知られています。

古い映画も面白いものです。何年経っても色褪せないですね。

いやぁ映画って本当にいいものですね。

24位 クライブ・オーウェン

clive-owen

プロフィール

生年月日:1964年10月3日
出身地:イギリス コヴェントリー

イギリスのカメレオン俳優。

アクションから恋愛、インディペンデント映画まで数多くのジャンル、役柄を演じることが出来る俳優です。

「クローサー」、「インサイド・マン」、「シューテム・アップ」、「ボーン・アイデンティティー」など数多くの作品に出演しています。

ダンディな外見でこれぞ英国紳士という感じですが、ちょっと変わった役柄だったのが、「クローサー」での医者役でした。

この映画ナタリーポートマンがストリッパー役をしている過激で、ナタポ好きには堪らない映画ですので是非チェックしてみてください。

クレイブオーウェンはこの作品でアカデミー助演男優賞にノミネートされた作品でもあります。

個人的に、この俳優も次期007ジェームズ・ボンドになってもおかしくない外見と実績を持った俳優だと思います。

彼が演じれば、ロジャームーアとかピアースブロスナンのようなダンディでコメディも出来るボンドになるでしょう。

23位 トム・ヒドルストン

tom-hiddleston

プロフィール

生年月日:1981年2月9日
出身地:イギリス ウェンミンスター

近年ハリウッドの注目作品に続々出演しているイギリスの俳優。

「クリムゾン・ピーク」、「アベンジャーズ」、「マイティー・ソー/ダークワールド」など話題作に出演し続けています。

2017年にはゴジラコングシリーズの布石になるとも言われている「コング:スカル・アイランド」に主演予定です。

これからの活躍にも期待したい英国紳士正統派イケメンです。

22位 ダミアン・ルイス

daminalewis

プロフィール

生年月日:1971年2月11日
出身地:イギリス ロンドン

アメリカの超人気ドラマ「HOMELAND」のニコラス・ブロディ役で大ブレイクしたイギリス出身のドラマ俳優。

この「HOMELAND」ではドラマ界のアカデミー賞と言われるエミー賞で主演男優賞を受賞し、ハリウッドの外国人映画記者の投票によって選ばれるゴールデングローブ賞でも主演男優賞の2冠を達成しています。

近年は映画にも出演し、「ロンドン・ヒート」、「ドリーム・キャッチャー」などの作品に出演しています。

次期007のダークホースとも言われている注目の英国イケメン俳優です。

21位 マシュー・グッド

matthew-william-goode

プロフィール

生年月日:1978年4月3日
出身地:イギリス エクセター

イギリス出身のイケメン俳優。

非常に堀りの深い顔立ちが特徴的です。

「ウォッチメン」、「イノセント・ガーデン」、「グッド・ワイフ」などが彼の代表作品です。

どの映画でも正統派な感じが好印象です。やっぱり英国紳士はこうでなくちゃという見本のようは俳優ですね。

20位 マルコム・マクダウェル

malcolm-mcdowell

プロフィール

生年月日:1943年6月13日
出身地:イギリス ホースフォース

この俳優は何と言ってもスタンリーキューブリック作品の「時計じかけのオレンジ」が有名でしょう。

この映画で狂気のアレックスを演じ、カリスマ的な人気を博しました。

かなりイカれた映画でしたが、世界に衝撃を与えた作品であったことには変わりありません。

この映画の役柄が最も強く、正直、「時計じかけのオレンジ」を超えるほどの印象ある役柄は演じられていませんが、出演した1971年以降も数多くの映画に出演しています。

「カリギュラ」、「キャットピープル」、「ハロウィン」などは比較的評価の高い彼が出演した映画なのでチェックしてみると良いでしょう。

19位 ジム・スタージェス

jim-sturgess

プロフィール

生年月日:1978年5月16日
出身地:イギリス ロンドン

イギリスの草食系イケメン俳優。

優しい雰囲気一杯の役柄の多くに出演しています。

僕の中ではヒューグラントの再来を思わせる俳優です。

「アクロス・ザ・ユニバース」、「ワン・デイ 23年のラブストーリー」、「クラウド・アトラス」、「アップサイドダウン 重力の恋人」などSFがバックグランドにありますが、内容は恋愛を描いた物語の主人公として出演することが多い役者です。

個人的にはトムハンクス主演の「クラウド・アトラス」での役柄が印象的でした。

わざと目を一重にするメイクをして韓国人メイクをしているんですが、違和感がハンパなかったです。

でも、優しい雰囲気は一杯でした。

やっぱり優しいジェントルマンは紳士として鉄則ですね。

18位 アンソニー・ホプキンス

philip-anthony-hopkins

プロフィール

生年月日:1937年12月31日
出身地:イギリス マーガム

イギリス出身のハリウッドを代表する怪演俳優。

「羊たちの沈黙」、「ハンニバル」、「レッド・ドラゴン」のレクター博士が一番有名です。

「羊たちの沈黙」ではアカデミー主演男優賞も受賞しています。

この役柄でアカデミー獲ったのは、ケヴィンスペイシーの「アメリカンビューティー」並みにすごいなと思います。

レクター博士以外にもブラッドピットと共演した「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」などの名作映画にも出演しています。

今、現在すでに70代後半ですが、イギリスでは、1987年に大英帝国勲章、1993年にはナイトを叙勲されている英国からも認められた紳士俳優です。

17位 オーランド・ブルーム

orlando-jonathan-blanchard-bloom

プロフィール

生年月日:1977年1月13日
出身地:イギリス カンタベリー

イギリス出身の超絶イケメン俳優。

オーストラリア出身の世界一の美女モデルミランダカーの元旦那さんとしても有名です。

ミランダカーを奥さんにするなんて、最強過ぎますし、別れてしまうなんて勿体無さ過ぎとも思えますね。

「キングダム・オブ・ヘブン」、「トロイ」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」などがオーランドブルームの代表作なので一度チェックぜひ。

16位 ダニエル・クレイグ

daniel-craig

プロフィール

生年月日:1968年3月2日
出身地:イギリス チェスター

6代目ジェームズ・ボンド役として有名な俳優。

僕の中では一番好きなジェームズ・ボンドです。

ボンドって普段はふざけていて、ユーモアがあるけれど、決めるとこ決める日本の漫画でいうシティハンターの冴羽りょうのような役柄なんですが、ダニエルグレイグが演じるボンドはこのイメージをぶっ壊しました。

ギャグはほとんど言わないし、彼が出演する007シリーズはシリアステイストが強くなったんです。

物凄く大きな変更なんですが、この大きな変更をダニエルグレイグは非常に上手く演じてましたね。

そして、実際興行的にも大成功しました。

彼が出演した「007 カジノロワイヤル」そして、次に続く「007 スカイフォール」では歴代のボンドシリーズの興行収入を更新し続けています。

最新作「007 スカイフォール」では、本来のボンドであるユーモアがあるコメディ要素も強くなってました。

僕の中ではダニエルグレイグこそ最強のジェームズボンドです。

次のボンドを演じる俳優はダニエルグレイグと比べられてキツイだろうなと察しています。

また、「007」のボンド役の印象が強いダニエルグレイグですが、他にも名作や面白い作品多いです。

「ドラゴン・タトゥーの女」、「ディファイアンス」、「カウボーイ&エイリアン」などはダニエルグレイグが出演する非常に面白い映画なのでチェックしてみてください。

15位 ジェイソン・ステイサム

jason-michael-statham

プロフィール

生年月日:1967年7月26日
出身地:イギリス シェブルック

イギリス出身のハリウッドアクションスター。

多分、今一番のアクション俳優だと思います。

2002年のフランス映画「トランスポーター」に出演して世界的な地位を得ましたね。

彼の出演する作品はどれもアクション映画ばかりで、どの役でも激しい気性を持つ役柄でハゲスタイルなので、僕の中ではブルースウィルスの再来だと思っています。

海外ではスキンヘッドとか別に評価高いですからね。男らしい訳ですから。

なお、ジェイソンスティサムのおすすめ映画は、「メカニック」、「バンク・ジョブ」、「アドレナリン」、「スナッチ」など面白いアクション映画多しです。

「バンクジョブ」はイギリスの実在したタブーの事件を元にした非常に面白い映画です。これは是非チェック!

14位 ティム・ロス

timroth

プロフィール

生年月日:1961年5月14日
出身地:イギリス ダリジ

イギリス出身の曲者俳優。

演じる役柄はどれも癖のある役柄が多いです。

「レザボア・ドッグス」、「パルプ・フィクション」、「ヘイトフル・エイト」など、アメリカの鬼才映画監督クエンティン・タランティーノの作品に多く出演しています。

近年は、「ライ・トゥ・ミー 嘘は真実」のドラマで主演していますが、映画にも出演し続けています。

「レザボア・ドッグス」で演じた主演がとにかくカッコイイので、これはぜひチェックです。

13位 ニコラス・ホルト

nicholas-caradoc-hoult

プロフィール

生年月日:1989年12月7日
出身地:イギリス ウォーキンガム

イギリス出身の子役イケメン俳優。

2002年に出演した「アバウト・ア・ボーイ」の時は非常に可愛らしい子どもを演じていました。

近年、「ウォーム・ボディーズ」、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」、「Skins」、「X−メン」など話題作に出演しまくっているので、個人的に超注目している俳優です。

マッドマックスでは、What a Lovely Dayと叫んでいたあのスキンヘッド役を演じていた事でも有名ですね。

身長は190cmあり、もこみち系とも言えるスタイルはモデル顔負けです。

12位 ゲイリー・オールドマン

gary-leonard-oldman

プロフィール

生年月日:1958年3月21日
出身地:イギリス ロンドン

イギリス出身の演技派俳優。

演技は超一流で知られています。

悪役を演じる事が多いですが、どの映画でもムカつく位上手く演じています。

特に「レオン」での演技が印象的ですね、ジャンレノとナタリーポートマンを追い詰めるマフィア役を演じていました。

「ドラキュラ」、「フィフス・エレメント」、「ダークナイト」などにも脇役ながら出演し、映画に味を追加しています。

なんとなく、ゲイリーオールドマンが出演している映画って安心して観れるんですね。演技が非常に上手いので映画の世界に入って行きやすいんです。

2011年に出演した「裏切りのサーカス」ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました、

惜しくも受賞は逃しましたが、いづれオスカー獲る可能性が高い演技派俳優です。

11位 ショーン・コネリー

thomas-sean-connery

プロフィール

生年月日:1930年8月25日
出身地:スコットランド エディンバラ

「007」初代ジェームズ・ボンドを演じた俳優。

007は1962年の「007 ドクター・ノオ」から始まって既に50年以上続く超人気シリーズとなった訳ですが、その基礎を作ったのが、このショーンコネリーなんです。

個人的には先に紹介したダニエルグレイグのボンドの方が好きですが、役者としての実績はショーンコネリーには遠く及ばないと思います。

007以外でも、「ザ・ロック」、「レッド・オクトーバーを追え!」、「エントラップメント」など名作と言われる映画の多くにも出演していて、「アンタッチャブル」ではアカデミー助演男優賞を受賞しています。

1999年にはナイトを叙任しているイギリスが認めた俳優です。

10位 ジュード・ロウ

jude-law

プロフィール

生年月日:1972年12月29日
出身地:イギリス ロンドン

イギリスのイケメン俳優といえば、この人が真っ先に思い浮かぶかもしれません。

2枚目の役柄多いです。

そして、出演するどの作品でも非常にクールでカッコイイ。

近年はコメディタッチの作品にも出演するようになっていて、演技の幅を広げようとしています。

「スターリングラード」、「ガタカ」、「コールドマウンテン」、「リプリー」、「シャーロック・ホームズ」など面白い作品多しです。

個人的には、アカデミー助演男優賞にノミネートされた「リプリー」と香港のウォンカーウェイ監督が撮ったハリウッド映画「マイブルーベリーナイツ」がオススメの作品です。

めっちゃイケメンですのでCheckぜひ!

9位 トム・ハーディ

tomhardy

プロフィール

生年月日:1977年9月15日
出身地:イングランド ロンドン

今一番成功しているイギリス出身のハリウッド俳優。

悪役をやらせたら右に出るものがいない俳優です。

正統派とは言えない影のある主演を演じさせても右に出るものはいないでしょう。

「ダークナイト ライジング」、「レヴェナント:蘇りし者」、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」など2010年以降に入っての活躍が凄まじいものがあります。

トムハーディは肉体の筋肉美が凄いんですが、それ以上に演技に定評があります。

レオナルド・ディカプリオも同世代の俳優の中では一番の俳優として認めています。

ディカプリオの悲願だった「レヴェナント:蘇りし者」でのアカデミー賞主演男優賞受賞も悪役だったトムハーディなくして受賞は有り得なかったと思います。

主役を引き立てる悪役を完璧に演じていました。

2017年にはクリストファーノーランの初の歴史的戦争映画「ダンケルク」に主演予定です。

第二次世界大戦当時のイギリスの歴史的な大撤退を描いた史実で、自国のことであるので気合の入り方も半端ないはずです。この作品でオスカー獲るかもしれません。

2017年絶対にチェックしておくべき映画なので、要チェックです。

8位 ゼイン・マリク

zain-javadd-malik

プロフィール

生年月日:1993年1月12日
出身地:イギリス ブラッドフォード

イギリスの超人気ポップグループ「ワン・ダイレクション」の元メンバー。

1Dの中で一番人気があったメンバーですが、2015年に突如芸能界から引退してしまったのが記憶に新しいですね。

世界中のティーンを虜にした理由はやっぱり外見が鬼カッコイイです。

ゼインの髪型は世界中の男性の間でも流行しました。

2016年からソロ活動も開始していて、映画への出演も噂されています。

イギリスの超絶イケメンの今後にも是非期待しましょう!

7位 デビッド・ベッカム

david-robert-joseph-beckham

プロフィール

生年月日:1975年5月2日
出身地:イギリス ロンドン

イギリスが誇る最強イケメンサッカー選手。

サッカーやらない人でも聞いたことあるでしょう。

現役は既に引退していますが、引退後も人気は世界中で衰えず、マイケルジョーダンに次いで引退後に収入を得た人物としても知られています。

なおベッカムは映画にも出演していて、「コードネーム UNCLE」にカメオ出演、「GOAL!」では本人役で出演しています。

僕の中で、ベッカムは2002年の日韓ワールドカップでの印象が非常に強いです。

正直サッカー的には全然ダメだったんですが、タトゥーを隠すというか、日本ではちょっとアウトローのイメージがあるので長袖を着てプレーしていた印象が最高でした。

ベッカムこそスポーツマンであり、英国紳士だなと子ども心に思いました。

2015年にはピープル誌で、この世で一番セクシーな男にも選ばれています。

現役引退後もずっと変わらずカッコイイサッカー選手ですね。

6位 テオ・ジェームズ

theojames

プロフィール

生年月日:1984年12月16日
出身地:イギリス オックスフォード

イギリス出身の超期待俳優。

「ダイバージェント」、「アンダーワールド 覚醒」、「アリージェント」などのSF映画に出演していることで有名な俳優です。

正直知名度はそこまで高くありません。しかし、個人的に非常にカッコイイ俳優だなと思うので紹介します。

なぜ、ここまで鬼プッシュするかというと、まずは、「ダイバージェント」をチェックしてみてください。

きっと、テオジェームズの魅力に取り憑かれるでしょう。本当超かっこいいです。

個人的には次のジェームズ・ボンド演じてほしいと思ってもいます。

次は難しくても、その次くらいには候補としてラインナップしてくるんじゃないのかって思う注目俳優です。

5位 リーアム・ニーソン

liamneeson

プロフィール

生年月日:1952年6月7日
出身地:イギリス バリーメナ

イギリスが誇る超絶イケメンダンディ俳優。

映画出演経歴は1978年からと非常に長い経歴を持っていますが、若かったころはブレイクせず、40代を超えてから大ブレイクした俳優です。

スティーブン・スピルバーグの「シンドラーのリスト」での演技も素晴らしかったですね。この作品ではアカデミー賞にもノミネートされています。

「96時間」や「アンノウン」ではアクション俳優としても、一流であることも見せつけています。

「フライト・ゲーム」、「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」、「マイケル・コリンズ」などどの作品でも味のある役柄を演じています。

僕の中では、リーアムニーソンは阿部寛的な上司になってほしいと思う、付いて行きたくなる俳優のイメージです。

めちゃくちゃカッコイイ英国ダンディ俳優です。

4位 マイケル・ファスベンダー

michael-fassbender

プロフィール

生年月日:1977年4月2日
出身地:ドイツ ハイデルベルク

ドイル生まれのイギリス出身の俳優。幼い頃にアイルランドへと移り住んでおり、国籍はドイツ、アイルランド、イギリスの三つ所持しています。

このマイケルファスベンダーは、次の007ジェームズボンドの最有力候補と言われています。

今の年齢的にもボンド役がピッタリで、経歴的にも申し分ありません。

一番次のボンドになりそうな気がします。

まだ、日本ではあまり知られた俳優ではありませんが、注目するべき俳優です。

2013年には「それでも夜は空ける」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、2015年には「スティーブジョブス」でジョブス役を演じました。

最近観た映画では「ザ・ライト・ビトゥイーン・オーシャン」という映画に主演していたんですが、これがめちゃくちゃ良い映画でした。

アカデミー賞取るんじゃねってくらい感動した映画ですのでチェックぜひです。

3位 ダニエル・デイ=ルイス

daniel-day-lewis

プロフィール

生年月日:1957年4月29日
出身地:イギリス グリニッジ

イギリス出身の大御所俳優。

今を生きる伝説的俳優です。

なぜ、ダニエルデイルイスが伝説的か?

出演する映画は歴史的大作が多いです。そして、アカデミー賞主演男優賞を3度も受賞しています。

1989年の「マイ・レフトフット」、2007年の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」、2012年の「リンカーン」で3回も受賞しているんです。

3度もアカデミー賞主演男優賞を受賞しているのは彼だけです。

アカデミー主演男優賞受賞作品以外にも、1993年の「父の祈りを」、2002年の「ギャング・オブ・ニューヨーク」でもアカデミー賞主演男優賞にノミネートされています。

一度は見た事ある歴史的、史実映画ばかりだと思います。

個人的には怖い役が多いですね。彼が演じるエブラハム・リンカーンも印象的でした。

アメリカの超絶イケメン俳優ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが憧れている俳優でもあります。

リンカーンで共演出来た時は非常に嬉しかったみたいですね。親子役でしたが、劇中で思いっきり引っ叩かれてたのはちょっと面白かった。

嫌いになったんじゃね?って思うくらい思いっきり引っ叩かれてました。

いまを生きる伝説的俳優ですので、一度は彼の作品をチェックしてみましょう。

2位 クリスチャン・ベール

christianbale

プロフィール

生年月日:1974年1月30日
出身地:イギリス ハバーフォードウエスト

ご存知クリストファーノーランが描いた「バットマン」シリーズのバットマンを演じた俳優です。

たぶん自分に非常に厳しい俳優です。

その姿は役作りに見ることができます。

役作りを徹底して行うことで知られていて、「マシニスト」では体重を大幅に減らし、「アメリカンハッスル」では、メタボリックな体型を披露、「ターミネーター4」や「アメリカンサイコ」などでは、凄まじい肉体美を披露しています。

個人的には、アカデミー助演男優賞を受賞した「ファイター」がクリスチャンベールの最高の映画です。

本当凄い演技をしていました。

同じくアカデミー助演男優賞にノミネートされたリーマンショックを描いた映画の「マネー・ショート 華麗なる大逆転」も映画として面白かったです。

外見は超イケメンですが、演じる役柄は一癖も二癖もある役柄を見事に演じている姿は圧巻です。

また、私生活では白血病と闘病しているバットマンに憧れる少年と連絡を取り続けていたことが報道されています。

クリスチャンベールは、リアルヒーロー、リアルバットマンなんです。

本当超かっこいい英国紳士俳優です。

1位 デヴィッド・ギャンディ

david-gandy

プロフィール

生年月日:1980年2月19日
出身地:イギリス ビレリッケイ

イギリス至上最も成功したモデル。

ドルガバのモデルとして世界的に有名なトップモデルです。

デビッドギャンディという名前もカッコイイし、顔も名前負けしていません。

全てにおいて、とにかくカッコイイんです。

映画には出演していませんが、僕は個人的に次のジェームズボンドこの人が最適だと思っています。

ダニエルグレイグの後のボンドは多分失敗する可能性が高いんです。

やっぱり大成功していた後の俳優は難しいんです。

でも、デビッドギャンディだったら凄い絵になるボンドを演じてくれそうな気がするんです。

その姿に惚れてまうやろっ!!という程、恐ろしいほどカッコいいイギリス英国紳士に次のボンドになって貰いたいんです。

englishhypergentleman

最後に

如何だったでしょうか?

イギリスの紳士は素晴らしいですね。

僕たち日本人が真似すべき男の美学を持ったのが英国紳士であるとも思うんです。

英国紳士を真似すれば、僕たちもきっといつの日か金髪美女と楽しく会話できるようになるかもしれません。

モテるために紳士になっていきましょう!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です