タイの良いところ 語学的な障壁が低い

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

世界には数多くの言語、言葉が使われている

世界には200の国や地域があります。
その土地で話されている言語は数多く存在しています。
同じ国、同じ言語でも地域によって話される言葉、表現が変わります。
私たちは日本という国で日本語を唯一の言語として使用しています。
日本だけにフォーカスしても、書き言葉は同じでも東京での標準語、各地方では話言葉が変わっています。
日本語でも沖縄の方言等は沖縄以外の人には理解出来ない言葉になっていると思います。
私も母親の実家が東北地方に出身であった為、子供の頃によく里帰りをしていました。
実家のお婆ちゃんや親せきが話している言葉が良く理解できないことがあった事を強く記憶しています。
子供でしたが、大人になった今も地方方言は理解できないと思います。

言葉が理解出来ないと何が起こるでしょうか?

  • 簡単に言うと意思疎通が出来ない。
  • 相手の言ってることが理解できない。
  • あなたが言いたいことを伝えられない。

言葉が出来ないと何も理解できない、何も出来ないと同じ事になります。

あなたが海外に出てもその土地で話されている言葉が理解できないと海外移住は必ず失敗します。
それくらいその土地の言葉を理解する事は海外移住する上で重要です。

前置きが長くなってしまいましたが、
今回はタイのススメという事でタイで話されている言葉、語学的な障壁が低い理由を記載していきます。
言語についての準備についてはまた別途記事にしたいと思います。

タイで話されている言葉

タイではタイ語が使用されています。
日本と同様に地域によって方言がありますが、基本的には1つのタイ語という言語で全地域で使用する事が可能です。
中国では中国語の中に北京語や上海語、広東語等あり、話し言葉、書き言葉も異なり、同じ国同じ言葉でも地域によって意思疎通が出来ないという事はタイでは発生しません。
このタイ語はタイで生活、仕事する非常に重要です。

タイ語は必須か?

しかし、タイ語は必須ではないです。
タイ語が出来た方が確実にあなたの生活、仕事、タイ人とのコミュニケーションは良いものとなります。
これは否定しません。
ただし、あなたがタイ語が分からないからといって、海外、タイ移住を止める理由にはなりません。
日本でタイ語をマスターしてからタイに来る必要ないのです。
タイ語の勉強の時間を日本で使用するならば、タイに来てからタイで生活、仕事しながら学んでいけば良いです。
日本で勉強していくよりも日々タイ語に触れる事が可能な為、タイで勉強する方が日本で勉強するよりも数倍効率が良いです。
私自身まだタイ語はうまく話せません。文字については何も理解できません。
しかし、不自由なく生活、仕事、タイ人とのコミュニーケーションが出来ています。
タイ語が出来ない事があなたの海外移住、タイ移住を止める理由にはならないのです。

タイでの英語環境

タイのビジネスでは基本英語が使用出来る。
もしあなたが日本企業、外資系企業のタイ現地法人で働く事になった場合、
そこで働くタイ人は基本的には英語でコミュニケーションが可能です。
私の職場も数千人のタイ人が働いていますが、タイ語しか喋れないというタイ人はいないです。
私の実感ではタイ人のビジネス英語力は日本人よりも全体的に見て高いと思う。
日本人同様に英語の発音にタイ人独特のクセがあるが、全く理解出来ないようなものではなく、
タイ人も日本人と同様、母国語ではなく第2カ国語として英語を使用しているので物凄く早い英語を話したり、
略語を使ったりすることはなく、一つの英単語を必ず言葉に出して話すため、意思疎通もし易いです。

ただし、ビジネスの場、オフィス以外の場、例えばタクシー、レストラン等の私生活の場では英語は通じないことがあります。
あなたがタイに来たことがあればわかるかと思いますが、街中ではあまり英語が通じないと経験したかと思います。
実際日本企業や外資系企業で働くタイ人はタクシー運転手やレストランのウェイターと異なり、英語教育をしっかり受けてきた為なのです。
それだけの違いです。
現在2015年から始まるASEAN統合に向けて多くのASEAN諸国の人々がタイに移住する事になります。
タイの一般人の中でも英語の必要性を感じてきており、今後は今まで以上に英語がタイの街中でも使用出来るようになると思います。

タイでの日本語環境

タイでは上記のタイ語、英語が出来なくても日本語だけでも生活、仕事が可能なのです。
日本企業に働くタイ人は基本英語以外にも日本語も話します。
日本企業で働くタイ人はタイ語、英語、日本語のトライアングルなのです。
全てのスタッフがトライアングルではないのですが、私の感覚では6割強はみな日本語を話します。
日本企業がタイ人に対して徹底的な日本語教育を行うからです。
日本人も英語が流暢でなく、重要なやり取りや文書では日本語が使用される為、タイ人に日本語を理解してもらう事が重要なのです。
私の経験でも1日日本語しか使わなかったというざらにあります。オフィスはほぼ日本なのです。

タイでは言語の障壁が低い

もし、あなたが日本語しか話せなくてもタイに行かない理由にはなりません。

日本語だけでも海外移住が可能な国なのがタイ

勿論英語、タイ語が出来た方が確実にタイ生活を充実させることができますが、
タイに来てから言語を学んでいけば良いのです。
日本語しか出来ないからといって海外移住を諦めないでください。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です