サーフィンウエットスーツおすすめのブランドランキングTOP10

LINEで送る
Pocket

冬の海で快適にサーフィンをする上で一番重要と言っても過言ではないのがウエットスーツです。
ウエットスーツがなければ冬の海でサーフィンをすることは絶対に出来ません。

どんなにやせ我慢してもウエットを着ていなければ10分と海の中にいることは出来ないでしょう。
逆に言うとウエットスーツを着ていれば何時間でも冷たい水の海の中でサーフィンを楽しむことが出来ます。

冬の海でサーフィンする上で絶対に必要なもの。
それが、ウエットスーツなのです。

冬サーフィン

ウエットスーツが重要で冬の海でサーフィンをする上で重要であることは説明する必要ないかもしれません。
しかし、このウエットスーツ選びというのは初心者にとってはそう簡単ではありません。

なぜなら、ウエットスーツメーカーはかなりの数のメーカー、ブランドがあるからです。

一体どのメーカーを選べばいいのか?
初心者のサーファーはまずメーカー選びで迷うに違いありません。

そして、ウエットスーツは高価であり、最低でも5万円は掛かります。
安価なモノではない為、失敗は避けなければならず、慎重に選ばなければならないのです。
迂闊に購入出来る代物ではないのです。

私自身がサーフィンを始めた時にどのウエットスーツのメーカーを着ればいいのか、全くわかりませんでした。
そして、実際に初めて買ったウエットスーツを失敗してしまいました。

機能とかメーカーとか関係なく安いウエットスーツ、無名の中国産のメーカーを買っても問題ないだろうと判断して、コスト重視でウエットスーツを買ってしまった。
何も考えないで購入してしまったのです。

実際にこのウエットスーツを着て冬の海で初めてサーフィンをして寒い思いばかりをしてしまいました。
ウエット選びを間違えて初めての冬の時期の海で快適にサーフィンすることが出来なかったのです。

結局初めて買ったこのウエットは数回着て着なくなってしまいました。

安いと思って買ったウエットですが、それでも数万円はしたと思います。
結局数回だけだったので、このウエットを買ったお金はドブに捨てたとほとんど同じことになりました。
ウエットは安くても数万円はするのです。安価ではありません。

今思い出しても馬鹿な事したなと思います。

でも、もう今は同じ過ちは犯しません。

なぜなら、自分の失敗した経験や実際に自分が着たり、周りのサーファーの意見を聞いて総合的に良いウエットスーツメーカーというのを導く出す事が出来るようになったからです。

初めて買った時のウエットスーツ選びは失敗してしまいましたが、私と同じようにウエットスーツのメーカー選びに悩んでいる人そして、失敗しそうになっている人は少なくないはずです。

おススメのウエットスーツブランド

今回はそんな悩んでいる初心者サーファーにおすすめの冬サーフィンを快適に過ごす為におススメのウエットスーツメーカーをランキング形式で紹介したいと思います

スポンサードリンク

オススメのウエットスーツランキングTOP10!!

実際に着て良かったと思うウエットスーツ、そして私が個人的に憧れるウエットスーツをランキング形式で紹介していきます!

10位 Hurley

ハーレーウエットスーツ

出典http://moana-cs.com/

1999年にカリフォルニアのサーファーボブハーレーが立ち上げたファッションブランド。

まだ出来てから十数年しか経っておらず、ウエットスーツメーカーとしては新参の内に入ります。
カジュアルブランドとして立ち上げていますが、ウエットスーツをも作っています。
私自身もハーレーはウエットスーツブランドというよりサーフィンのカジュアルファッションブランドというイメージの方が強いです。

歴史は浅いですが、サーフィンの本場アメリカカリフォルニアを中心に多くのサーファーに親しまれています。

まず、ハーレーというブランドが個人的にとてもカッコいいと感じます。

タウンアンドカントリーとかクイックシルバーとかサーフィンのブランドって個人的にオシャレじゃないブランドが多いのが実情です。
サーファーならいいけど、一般の人これ着るかな?海の近くで着るならいいけど、街中でこれ着るかな?って思ってしまうようなブランドが多いんです。

でも、このハーレーは街中でも問題ないオシャレなサーフブランドだと感じます。
デザインがシンプルでスタイリッシュです。街で着ていても全然問題ないです。

カリフォルニアのオシャレサーファーロブマチャドのスポンサーであり、マチャドもこのブランドのウエットを着てサーフィンをしています。そして、彼自身もファッションとしてこのハーレーの洋服を着ています。
お世辞抜きでめちゃくちゃカッコいんです。

ファッションブランドとしてのイメージが強いですが、ハーレーはウエットスーツも作っています。
ウエットスーツも洋服と同様にカッコいいんですね。
私はサーフカジュアルのブランドだと同じカリフォルニア発祥のサーフファッションカジュアルのRVCAとこのハーレーが好きです。

ウエットスーツの機能性ですが、私自身、このウエットは着た事がありません。
なのでハッキリとハーレーのウエットの性能が良いとは断言できませんが、
カリフォルニアでは多くのサーファーが着てサーフィンしています。

カリフォルニアのサーフポイントは場所によっては日本よりも水温が低いです。
私自身何度もカリフォルニアの海でサーフィンしましたが、気温はとても暖かいのに水温はとても低いというちょっとおかしな経験をしました。

カリフォルニアの冷たい水温でもハーレーを着ているサーファーが多くいるということが、ある意味保湿性が高いことを意味していると感じます。

実際に着たことがなく、私の周りのサーファーも着ている人がいなかったのでハッキリとは分かりません。

でも、とにかくオシャレでカッコいいメーカーであり、カリフォルニアの冷たい水温でも問題ないという点で10位としました。

9位 HOTLINE

ホットラインウエットスーツ

出典http://robotsfrom.tumblr.com

1973年から続く日本の老舗ウエットメーカー。

日本のメーカであり、歴史も深く、ウエット専門のメーカであるので評判はすこぶるいいです。

私自身はホットラインのウエットを着てサーフィンをしたことはないですが、私の周りのサーファーには実際に着てサーフィンしている人がいました。

女性サーファーにもこのブランドを着ているサーファー多かった印象です。

カッコいいかどうかは個人的にどうかなと思うところがありますが、機能性、保温性は抜群のメーカーです。
やっぱりウエットを専門に作っているメーカーはしっかりしています。

ホットラインは快適にサーフィン出来る日本産のウエットスーツのメーカーです。

8位 ビラボン

ビラボンウエットスーツ

1973年から続くオーストラリアゴールドコーストの老舗メーカ。

ビラボンはオーストラリアのメーカーですが、ウエットは日本用にも作られており、機能性も全く問題ありません。
他の日本のウエットメーカーとクオリティは何も変わりません。

大手スポーツ用品店でもオーダーメイド出来ますし、私の周りのサーファーでもこのブランドを着ているサーファーが実際にいました。

ビラボンのウエットを着ていた友人は少し値段が安くなった市販されたビラボンのウエットを買って冬の海を過ごしていましたが、全く問題なさそうでした。

海外の大手サーフメーカーはクイックシルバー、リーフ、ロキシー、タウンアンドカントリー、リップカールなど数多くありますが、このビラボンはちょっと一線を越えていてサーファーに広く支持されていたように思います

世界のトッププロサーファーのWCT選手もビラボンと契約し、ビラボンのウエットを着て大会に出ています。
トッププロだけでなく、日本の海でもビラボンのウエットを着てサーフィンしているサーファーは結構いました。

数多くのサーファーに愛されているのがビラボンなのです。

7位 SKILLZ HIGH

スキルズハイウエットスーツ

出典http://ameblo.jp/jokersurf/entry-11970909721.html

SKILLZ HIGHは湘南のプロサーファー脇祐史プロが手掛けるブランド。

脇祐史プロはとてもオシャレなプロサーファーです。
私も実際何度かビーチや海で見かけたことがあります。
とにかくオシャレでした。そして、カッコいいだけでなくサーフィンも凄かったです。

脇祐史プロが手掛けるブランドのウエットスーツのスキルズハイもとてもオシャレです。
とにかくカッコいいです。脇裕二プロのセンスがウエットにも表れていると感じます

まだできて間もないメーカーですが、プロサーファーが手掛けているだけあって機能性なども絶対にいいはずです。

もし私が日本にいたら、このブランドを着てサーフィンしてみたいと強く思います。

スポンサードリンク

6位 RLM

RLMウエットスーツ

出典http://www.threeocean.net/

神奈川県茅ヶ崎市のウェットスーツメーカー。

比較的新しいブランドですが、このブランドが生まれた湘南のみならず、全国でこのブランドを着るサーファーをよく見かけました。
森哲太プロ、渡辺学プロのスポンサーブランドでもあります。

森哲太プロのサーフィンは大好きです。奇抜なんです。
そこでそうする?っていう驚きのサーフィンをする。
大会とかでも失敗を恐れず大胆なエアーを決めるところが好きでした。
サーフDVDを見ていても森哲太プロは他のプロサーファーと比べても特異なサーフィンで見ごたえがあります。
真似は出来ないですが見ていて凄いなと思わせるサーファーです。

私が好きな森哲太プロが着ていたこともあり、注目していたブランドです。
オシャレな感じのウエットで、私の周りのサーファー数人も着ていました。
女性にもめちゃくちゃ人気のあるブランドだと思います。
女性用のモデルもかなり可愛い。とくに女性モデルのロンスプがいい感じです。

5位 オニール

オニールウエットスーツ

1952年創業の世界で最も古い歴史を誇るウエットメーカーです。

今やウエットスーツだけでなくサーフグッズ、アパレルブランドとしても有名です。
私もサーフィンを始めたばかりの頃は、オニールが世界で最も古いウエットメーカーだという事も知らず、も他の海外ブランドと同じような位置づけで日本ではおそらく着れないんだろうなと思っていました。

でもこの考えは大きく間違っていました。

オニールの品質はとても高かったのです。

大手スポーツ用品店でもオニールは取り扱っていてオーダーメイドでウエットを作ることが出来ます。
数多くのサーフブランドのウエットメーカーを揃えていますが、一番にオニールを薦めてきたりします。
実際この店員が言っていたことは間違いではなく、サーファーの間での評判は私の周りではすこぶる高かったです。

あるサーファーは一番いいブランドとも言っていました。

もし大手スポーツ用品店でウエットを作るのであればオニールが一番無難だと思います。

4位 HOLLY

ハリーウエットスーツ

出典http://hollywet.co.jp/

1987年創業の茨城のウエットスーツメーカー
茨城のプロサーファー小野嘉男プロのスポンサーであることでも有名。
小野嘉男プロは日本のトッププロサーファーでもあります。
リッピングが強烈でスピーディーなのが特徴的、なんとなく和製ミック・ファニングという感じです。

ハリーはとにかく茨城エリアで絶大な人気があります。
茨城のサーフポイントではほんと良く見かけます。
茨城は冬ホント水が冷たいです。でも、結構人がいるんです。
私も何度も茨城に通ってサーフィンしましたが、冬の茨城は本当に水が冷たい。

体感温度も湘南と比べると驚くほど寒く感じます。
海に入ってドルフィンを数回すると頭がクラクラしてくるような冷たさです。

でも、結構海にサーファーがいるんですね。
そして、結構な割合でハリーを着ているんです。
ハリーのウエットが温かい証拠のような気がします

ハリー着て茨城でサーフィンしているサーファーは大体、茨城、栃木辺りのサーファーになります。

3位 MAXIM

マキシムウエットスーツ

出典http://www.maxim-craft.com/

マキシムは1986年創業の鎌倉のウエットメーカー。

多分サーフィンしている人しか知らないメーカーかもしれませが、サーファーの間ではとても有名です。

鎌倉でこのブランドを着ているサーファーはよく見かけました。
私も実際に着たことがあります。良かったですね。

実際に私が着たことがあり、機能的にも全く問題なかったので3位としました。

私は鎌倉が大好きです。

波もいいんですが、街も歴史あり、風情あり、鎌倉の海から見える鎌倉の風景も大好きです。
鎌倉って多分日本で一番雰囲気が良いポイントのような気がします。
また、鎌倉でサーフィンしたいです。いい思い出ばかりです。
このウエットスーツを見ていると鎌倉を思い出してしまいます。

マキシムはデザインも好きですし、サーファーにはよく知られた鎌倉の老舗メーカーという点がお気に入りです。

2位 DOVE

ダブウエットスーツ

出典http://www.dovewet.com/

1975年創業。
日本初のウエットスーツメーカー。。

超絶イケメンサーファー真木勇人のスポンサーのメーカーでもあります。

ウエットを専門にしているメーカーだけあり、多くのサーファーに愛用されていました。
僕の中ではDOVEを着ているサーファーは本物が多かった印象です。

私が一番尊敬するサーファーである真木勇人プロのスポンサーでもあります。真木勇人プロはホント人間的に尊敬出来るし、男から見ても純粋にカッコいいと思います。尊敬して止まないプロが着ていたので私自身もマネをして購入しようと何度も思いました。

ダブはなんとなく、渋い感じもします。

多分初めてウェットスーツを選ぶ際にこのDOVEは選ばないでしょう。
結構初心者サーファーはビラボンとかオニールに手を出すんですが、だんだんサーフィンの事とか詳しくなっていくとDOVEとか着たくなってくるんです。

周りで着ているサーファーはいませんでしたが、個人的にカッコいい、渋いと思っていてこのブランドは好きでした。
日本で一番古いだけあってもしかすると日本で一番高品質のウエットメーカかもしれない。

もし、次に紹介する1位のブランドを着ていなかったらおそらくDOVEを着ていたと思います。

1位 RASH

RASHウエットスーツ

出典http://www.rashwetsuits.com/

鎌倉稲村ヶ崎のブランド。

私がずっと愛用していたウエットスーツブランドです。
鎌倉サーファーの多くがこのブランドを愛しています。

日本のトッププロサーファーの大澤伸之プロのスポンサーとしても有名です

このブランドが本当に大好きでした。

ウエットのデザインはRASHのロゴ一つのみで後は何もないシンプルなデザインが多いです。
シンプル・イズ・ザ・ベストという感じでラッシュが大好きでした。

私の中でラッシュは王道であり、且つ性能も一番いいと思っていました。
RASHは湘南サーファーなら誰もが知っているし、湘南だけでなくとも全国的にも有名なウエットブランドだと感じます。

高級感もあります。実際他のウエットより高いのですが、値段に合った品質がラッシュにはあります。

実際私もずっとラッシュを着ていて、素晴らしかったと感じます。
カッコいいだけでないのです。
ラッシュのウエットを着て真冬もガンガン色々な日本の海でサーフィンしていました。
寒さの厳しい茨城や福島、どこでもサーフィン出来ました。

ホント快適な真冬サーフィンをこのラッシュのウエットは提供してくれていました。

どのウエットブランドも性能はいいですが、私が個人的に愛用していて皆に声を大にしておススメ出来るブランドだったので一位とさせていただきました。
もし、ウエット選びに悩んでいるならばラッシュを強くおススメしたいです。

ラッシュウエットスーツ

最後に

カッコ良くて機能性も優れるウエットスーツを着て寒い季節も思う存分楽しんでサーフィンしていきましょう!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です