タイ出張!バンコクで仕事!タイ人と働く!あるある20個まとめ!

LINEで送る
Pocket

日本では外資系企業に勤めていて、多くの外国人と一緒に働いていた。
私自身は日本で働こうが、海外で働こうが同じ『働く』という事に大きな違いは無いと考えていた。
しかし、タイに来てこの考え方は変わった。

タイで働く事、タイ人と共に働く事は同じ『働く』ことでも特殊な部類に入るのだと思う。

タイで仕事あるある

今回はタイで働いたことがある人が思わず、頷くタイ仕事あるあるをTubeのシーズン・イン・ザ・サンの曲に合わせて紹介していきたい。

タイの仕事あるあるいいたいよ~

タイの仕事あるあるいいたい~

タイの仕事のあるあるをいいたいのさ~ Wow~

タイの仕事あるある You’re my dream~

タイの仕事あるあるいいたい~

タイの仕事あるあるFeel so blue~

タイの仕事あるあるはやくいいたい~

タイの仕事あるあるはやくいいたい~

瞳閉じればタイの仕事あるあるはやくいいたい~

タイの仕事あるあるをはやくいいたいよ釘付けなのさ~

タイの仕事あるあるいいたいよ~

タイの仕事あるあるいいたい~

タイの仕事のあるあるをいいたいのさ~Wow~

タイの仕事あるあるYou’re my dream~

タイの仕事あるある言うよー!

スポンサードリンク

タイ人と働く、タイでの仕事あるある20個まとめ!

タイ バンコクで働いたことある人、タイ人と働いたことある人が共感するであろう『タイ仕事あるある』20個を順に紹介していきます。

あるある1.タイ人の『あと5分で着く』は絶対に着かない!

タイ人は良く遅れてきます。
朝の出社も遅れますし、重要な顧客会議だって遅れます。

電話もしてきてくれることもあるんですが、
『あと5分で着く』って電話してくるならよいパターンです。

そして、5分では絶対に着かないですね。
タイ人のあと5分で着くは信用してはいけません。

5分経ちましたが、まだタイ人着きません。
タイ人に電話してみましょう。彼が来ないとこの会議は意味がないんです。

電話掛けたらタイ人はこう言いますよ

『あと5分で着く』

そうなんです。
あと5分、5分詐欺なんです。

タイではオレオレ詐欺流行ってないですが、あと5分、5分は割と流行語です。

まぁ電話してくれるならいい方です。
電話もしないで遅れがちなのです。

1時間遅れとかもありました。遅れても堂々としてます。
そんなことで怒るな。器量が小さいぞって逆に非難されることもあります。

ちなみに、遅れる理由の95%は渋滞にハマったです。
これ言われるとバンコク渋滞酷いし、仕方ないねってなっちゃうんですね。

寝坊だろうが、どこかで時間潰ししてようが、渋滞にハマったがタイでは良く使えるんです!

僕も客先周りして、途中でマッサージに行ってこれ使います!

これ豆知識なので、これからタイで働く人は覚えておきましょう!

あるある2.タイ人に5分前行動は出来ない。しかし、定時が近づくと帰る支度は10分前行動!

日本では5分前行動をみんな心がけてますね。
遅刻なんてものは罪なんです。
遅刻しましたって言ったら、なにをぉぉ!!って感じで怒鳴られますよね?

タイではそんなことありません。
遅れることは日常茶飯事で起きます。

常に時間ギリギリに来るんです。そして、遅れる事も多々ありです。
納期に間に合わせないといけない仕事も遅れてしまうんです。タイで働く日本人の頭を悩ますところですね。

タイ人には5分前行動みたいなものはないんです。
でも、一つだけ物凄い早い仕事があります。
それが帰宅準備です。

もうこればっかりは早いです。あっぱれってくらい用意周到に帰宅の準備を始めます。
定時ダッシュが凄いんです。
出来るタイ人も出来ないタイ人もみんなこの仕事は共通して早いんです!

タイで帰宅準備は10分前行動がタイ人の中で徹底されてます!

あるある3.タイ人は病気になりがち!恒例の月イチイベントSick Leave!

タイ人は良く休みます。
年休じゃなく、有給じゃなく、傷病休暇で休むんです。
身体めちゃくちゃ強そうなタイ人も体調崩しがちなんです。
お前絶対身体丈夫だろっていうタイ人も病気になっちゃってるんです。

タイではシックリーブと言って年間30日間傷病休暇が使えるんです。
この年間30日間の傷病休暇をフルで使い切るタイ人はいませんが、それでも良く使います。
月に一回は休んじゃってるんですね。月一の恒例イベントなんです。

本当の病気なのかとても怪しいんです。
権利だとは思いますが、消化しないと損するような感じで勘違いしているタイ人が多いのも事実です。

重要な会議があろうが、関係なしで休んじゃうんです。

ちなみにタイ人が良く使うSick Leaveの理由ランキングは下記の通りです。

  • 3位 頭痛いカッ!(Head Ache Ka!)
  • 2位 食中毒ナカー!(Food Poisoning na ka!)
  • 1位 下痢クラッブ!(Diarrhea krub!)

このランキングで紹介した病気をローテンションで毎月使ってきます。

1位と2位は昨晩食べたタイ料理のせいで食中毒とか下痢になったって言ってくるんです。
お前ら一体何年タイに住んでだよって感じなんです。
日本人が言うならまだしも、お前ら身体慣れてんだろって感じでとってもチャーミングなんです。

あるある4.タイ人仕事辞めすぎ転職し過ぎ!

タイ人は嫌な事があるとすぐ会社を辞めます。
石の上にも三年とか石橋を叩いて渡るとかそういう諺はタイでは通用しません。

仕事つまらなければ、辞めるし。

マイサバーイであれば、辞めるし。

昇給できなければ、辞めるし。

ボーナス貰ったら、辞めるし。

他の給料いいとこあれば、辞めるし。

あんなに手塩に掛けて育てなのに、辞めるし。

タイ人はよく辞めちゃうんです。
日本企業にいるのでやっぱりタイ人が昇給していくのは難しいんです。
日本人が上を占めちゃってるから、タイ人には狭き門なんですね。
日本の外資系にとても良く似た構造です。

結構タイ人は日系企業辞めた後PTTとかCPとかタイの企業に転職しています。
日本の企業もタイでは外資系ですしね。
やっぱり彼らタイ人は日本人うるさいですし、文化や風土が同じ国産企業がいいんですよね。

スポンサードリンク

あるある5.昇給・ボーナス査定、お金には決して妥協しない!

タイ人にも仕事が出来る人,出来ない人がいます。
これはどこの国でも同じでしょう。
このタイ人には仕事が心配なく任せられる。
このタイ人はちょっと心配だからフォローしないとマズいなとか人に仕事を頼む時にしっかり人を見て、仕事を頼まないといけないんです。

タイ人全体に言えますが、諦めが早いです。粘り強さはありません。

納期に間に合わせないといけない。
何とかして今日中に障害を復旧させないといけない。
こういう切羽詰まった状況はタイのビジネスシーンでも多々発生します。

日本でもありますよね。
僕たち日本人は死ぬ気で頑張ります。
でも、タイ人は割とすぐあきらめます。明日にしよう、明日の朝またやろうって感じなんです。

諦めたり、妥協するのが早いんですね。

そんなタイ人ですが、月給とかボーナスのお金に関わる事は決して妥協しません。
少しでも昇給・ボーナスに納得が出来ないと言い寄ってきます。

いつも定時で帰ってやる気ないタイ人も直ぐに妥協してしまうタイ人も良く体調を崩してSickLeaveするタイ人もみんな、そこまで主張するか?って位お金に対して敏感なんです。

あるある6.労働環境最高!

日本人は基本車とドライバーを与えられます。
出勤も帰宅も全てドライバーが家まで送り迎えしてくれます。

日本人だけじゃなく、タイ人にも付きます。
営業のタイ人も営業回りをドライバーが車運転してくれるんです。
日本だったら社長レベルの扱いなんですね。

タイ人のペーペーも可能なんです。
満員電車で毎日体力を消耗していた僕にはもう、日本には戻れないかもしれません。

タイの労働環境は最高なんです!

あるある7.昼夜逆転とはこの事や!日本人は昼と夜で人変わり過ぎ!

日本人はホントよく働きます。
みんなやる気に満ち溢れて、テキパキ仕事しています。
一方タイ人はそれとは逆になる傾向が強く、やる気あるのか?テキパキと仕事している姿もほとんどありません。

そんなタイ人を見て、タイに出張に来る日本人やタイに赴任したばかりの日本人はタイ人は駄目だなというんです。
日本人からしたら、駄目だと思います。
少なくとも仕事に関しては。

日本人は昼間仕事しっかりするんです。
そんな日本人とよく飲みに行きます。
やっぱりタイでも飲み会は日本人同士で良く行われるんですね。

日本人は夜になると昼間見た人とは同じ人物かって思う位違う人になっちゃうんです。
鬼畜の極みみたいなことしてる人もいるんですね。マーシーもビックリなんです。

そんな人たちも明くる日オフィスに行くと物凄い真剣な顔で仕事しています。

『20年後の弊社のビジネスビジョンは~』とか凄い真面目な顔で話したりしてるんです。
どっちが本物なのか?どっちが本当の姿なのか?これは夢か?とか想っちゃうんです。

公私混同は良くないと日本人は良く言いますが、日本人は昼と夜で人格が変わっちゃう位変わり過ぎなんです。

一方タイ人はアフター5もショッピングに行ったり、友人と食事に行ったり、家族と過ごしたり、とても誠実なプライベートをすごしています。

タイ人は昼も夜も変わりません。
プライベートと仕事もあまり変わらないんです。
タイ人の方が誠実な気がするんですね。

あるある8.タイ人副業しがち!

タイ人はよく副業してます。

仕事終わったら、自分の仕事に精を出すんです。
モノ売ったり、Facebookでステマしたり、色々みんなやってます。
独立意欲が旺盛なんです。
いつか会社辞めてやろうと思ってるタイ人が多いんです。
仕事辞めるのが多いのもこれが理由の一つかもしれませんね。

もし、あなたの周りに副業がしているタイ人がいたら見に行ってみてください。
普段あなたが見る事が出来ないテキパキとしたやる気に満ち溢れたタイ人が副業に精を出しています。
僕の部下にもそういうやつがいたんです。ほんと、テキパキ仕事してました。

自分の夢を持つって素晴らしいって思いました。
こっちが本業なんじゃないのって位、目が輝いていましたね。

あるある9.会議に人が集まり過ぎ!

タイでも会議は良く行われます。

そして、ホントよく人が集まります。
メールで会議案内を見ても、なんでこんな人呼ぶの?って位召集かけるんですね。
toの人が来るならまだしも㏄にいれた任意出席者も着ちゃうんです。
お前来なくていいよって言うやつも着ちゃうんですね。

会議って日本では少人数でやるもんだと思ってましたが、タイではみんなでワイワイしながらやるんです。
そして、議論しなければならない事が出来なかったり、決まらなかったりするんですね。

あと、会議中、携帯いじりがちも付け加えておきます。

あるある10.『タイだから仕方ない』がまかり通りがち!

タイではプロジェクトも失敗する事もあります。

納期に間に合わない事もあります。

遅刻も良く起きます。

仮病も良く使われています。

日本では有り得ないようなことが良く起こるんです。
でも、『タイだから仕方ない』がまかり通るんです。

ここはタイですよ!日本じゃないんです!って思いっきり言われた事もあります。
赴任し始めの駐在員もタイの文化とかタイ人と働く事に戸惑ってしまうんです。
余りにも日本とギャップが激しいので仕方ないんですね。

でも、1年、2年位すると皆さん慣れてきます。
そして、タイ人と働く事やタイの社会に慣れたと思った時に帰任されてしまうんです。
これは結構勿体ないと言うか、残念な事だと思ってます。

あるある11.動物がオフィスにいがち!

タイのオフィスにはかなり高い確率でヤモリいますね!
高層階のビルだとそんなにいませんが、ヤモリが結構オフィスにいるんです。

アユタヤ、サムットプラカーン、シーラチャの工場には結構野良犬が敷地内にいますね!
工場ってセキュリティ厳しいんですが、良く分からない動物が中にいるんです。
工場の敷地内でオオトカゲも見たことがあります。

タイの職場は動物園チックなんです!

あるある12.まだまだ日本人に依存しがち!

タイ人仕事遅かったり、忘れたりしちゃうんです。

『あの仕事どうなった?終わった?』

『あっ忘れてました。まだやってません。』とか結構多いんです。

常に進捗チェックは欠かせません。日本人の重要な仕事です。

タイに駐在員が多いのもこれが理由です。
同じ企業でも北米、ヨーロッパにはそこまで日本の駐在員は多くありません。
タイで働く日本人の駐在員や現地採用は基本マネージャ職ですが、
アメリカなどではコーディネーター的や役割が多いんです。

10年以上の歴史の長い工場などはタイ人だけでも回せるようになってきていますが、
新しい、タイに進出したばかりの10年未満の企業はまだまだ日本人多しです。

まだまだ、日本人がいないと駄目なんですね。

スポンサードリンク

あるある13.タイ人トイレで居眠りしがち!

あいつどこ行った?って言うのが結構タイの職場では起こるんです。
あれっあいつ見ないな?どこ行った?

よくよく、探すとトイレに30分とか滞在してるんですね。
どんだけ長くいるんだよって感じなんです。

まぁでも自分下痢ラーなんで、気持ちは良く分かります。

僕はインドの帰りの飛行機の中でずっとトイレに居た経験もあります。

あるある14.女性が上司になりがち!

タイでは女性が上の役職に立ってる事が多しです。
タイ女性の下で多くのタイ人男性が働いてるんです。
日本よりも女性の社会進出が進んでいると感じます。

これは日本が見習わないといけないタイの良い所ですね!

私も日本にいた時はあるインド人女性の下で働いていたんですが、女性は強いんです。
大体女性が上司で男性が部下だとパワハラになりますよ。

めちゃくちゃ優秀なインド人女性でしたが、大変でした。
僕はこの女性が上司だったんで、最終的に顔面マヒになって、ひょっとこみたいな顔になりました。
もしあのまま日本にいたら、おでこの真ん中にインド人がつけてる変なマークみたいなの付けることになってたかもしれません。

僕も奴隷だったから女性の下で働く事の大変さを良く分かるんです。
しかも優秀だと大変なんです。
要求してくることが凄いんです。いやぁ大変だったなぁ。

いづれ、『インド人女性とひょっとこ日本人男性』の自伝をこのブログで書きたいと思います!

あるある15.物は試しとはこのことや!タイ人の仕事は無計画、無責任になりがち!

タイ人に計画業務を任せると良く失敗してしまいます。
上手くいった方が少ないと言っても過言では無い位です。

そして、トラブルが発生、火の車になりそうなときに日本人に助けを求めてきます。
しかも、投やりのパターンが多いんです。
『タイで働く日本人は割と辛いよ』のポイントがこれなんですね。
日本ではないだろっていう漏れがタイではまぁよく漏れて問題が起こってしまうんです。

やっぱり最終的には日本人が出てこないといけないんです。
計画は無計画になりがちで、且つ火の車になりかけになってボールを渡されるので無責任にもなりがちなのです。

良い意味でやってみないと分からないで大胆な事をやり過ぎとも言えますね。
その為に日本人がいるんだとも思います。

でも、タイの仕事は僕は大好きです。
理由は次のあるあるになります。

あるある16.職場の女性多いし、可愛いし、肌露出しがち!気になる人いっぱい!

超絶美人

タイに出張される日本人はオフィスにタイ女性が多いと驚きがちです。
しかも、可愛い子多し!です。

かわいい女の子

しかも、しかも、肌露出し過ぎでセクシーなんです。

セクシーな女性

肌露出しすぎでもう誘惑されちゃって仕方ありません。

気になる子が多いです。食事に誘いたい子が多しなんです!

可愛い女性

あるある17.いきなり坊主になるタイ人男性!

タイでは仏教を信仰しています。
2週間会社に来なくなったりするんです。
全ては仏教のためなんですね。

みんな坊主になって職場に帰ってくるんです。
イケメン男性もブサメン男性も可愛い系男性もみんな坊主になって帰ってくるんです。

チャーミングなんです!
かわいいよね!

かわいいタイ人男性のいいとこあるある!なのです!

あるある18.タイ人名前変えて名刺変えたり、メアド変えたり、色々大変だ!

タイ人は良く名前を変えます
みんな変えすぎだろって位みんなよく名前変えます。

そして、全然違う名前になってるんです。
ニックネームは変わらないのでそのまま、ニックネームで呼べるんですが、
本名が記載された業務で使う名刺やメールアドレスは全て変更しなければなりません。

特にメールアドレス変更はホント大変です。
タイ人にメール送っても、このアドレスは存在していませんっていうメールが返ってきちゃうんですね。
あっあのタイ人退職したんだなって思うんですが、実は辞めてなくて名前が変わってただけっていう事があるんです。

これ結構タイ特有の迷惑あるあるなんですね。

あるある19.タイ出張は出張終了日まで全力疾走で駆け抜ける!

毎日夜の街へ邁進していきます。

行く人は出張開始日から毎日夜の街へ繰り出します。
勢いが凄いんです。付き合うこっちはホント大変なんですよ!

日本に帰りたくないと言って、出張を終えて日本に戻っていきます。

あるある20.タイ駐在員も帰任が近づくと帰任日まで全力疾走で駆け抜ける!

帰任が近づくと赴任当初と同じように夜の街へ邁進していきます。

大体1カ月前位から始まります。最後は大判振る舞いをして帰任されていきます。
勢いが凄いんです。別れを惜しむかのように全力疾走するんです。

日本に帰りたくないと言って、赴任を終えて日本に戻っていきます。

最後に

如何だったでしょうか?

みなさんタイを惜しんで帰任されていくんですね!

少なくとも僕の周りにいた日本人はみなそう言ってました。

僕もそう強く思います。

やっぱりタイで仕事は最高なんだと思います!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

4 Responses

  1. トミー より:

    管理人様

    初めてこちらに書込させていただきます。
    過去に一度メールにてご相談に乗っていただいたものです。その節は大変お世話になりました。

    将来的にタイでIT関連の職業で働きたいと考えています。
    しかし、経験が浅いため日本で数年のキャリアを付けてから挑戦しようと検討しております。
    ITインフラ分野(サーバー、ネットワークエンジニア)に興味があるのですが、タイでの求人を調べていたらあまりこちらの分野での仕事は見かけません(非公開求人が多いため見れないのかもしれませんが・・・) ITインフラで日本人を募集している求人はタイでは少ないのでしょうか? もしご存知でしたらIT関連だとどの職種、分野がタイでは多いでしょうか?

    管理人様は日本、タイとIT関連の業種で活躍されておられますが、タイではどちらかというと営業よりの仕事をされておられるのでしょうか? タイだとエンジニアをマネージメント、また営業など折衝する業務がやはり多くなるのでしょうか?

    お時間がある時で大丈夫ですので、どうかアドバイス頂けますでしょうか。
    お願い致します。

    • ken より:

      トミー様

      こんにちわ。コメント頂きありがとうございます。
      下記私の意見ですが、回答させて頂きます。
      参考程度に確認して貰えれば幸いでございます。

      ITインフラで日本人を募集している求人はタイでは少ないのでしょうか?

      ⇒ITインフラという業務は多いので、少なくはないと思います。
      日本よりもインフラが整っていないのでまだまだ仕事はあります。
      しかし、サーバーやネットワーク機器のエンジニアという職種であると求人案件は少ないかもしれません。
      エンジニアなどはタイ人に任せる事になるからです。
      日本人のエンジニアのみの職種というのは恐らくほぼないと思います。

      もしご存知でしたらIT関連だとどの職種、分野がタイでは多いでしょうか?

      ⇒マネージャ職が多いと思います。
      エンジニア職はプログラマーにしても、インフラ系にしてもタイ人が技術的な職務に就く事が大半です。
      日本人が手を使う事はほとんど無いと言っても過言ではないです。
      基本的にタイ人に動いて貰い、タイ人やプロジェクトのマネジメントをする事が日本人の責務となります。

      タイではどちらかというと営業よりの仕事をされておられるのでしょうか? 

      ⇒営業の仕事をしています。ただし、問題が発生した場合は現地の顧客先に行って自分も対応しなければならなくなります。
      エンジニア系の仕事を日本でしているとこういった時に役に立ちます。
      タイ人もバカではないので、技術的なスキルが低い人にはなかなか付いていこうとはしないと感じます。
      技術的なスキルがなくとも、しっかり親身になって一緒に対応すれば問題ありません。
      指示するだけの日本人はタイ人からもいづれ見透かされます。
      なんとなく、トミー様は大丈夫な気がしています。
      一緒にタイ人と問題解決を親身になってやってくれそうです。

      タイだとエンジニアをマネージメント、また営業など折衝する業務がやはり多くなるのでしょうか?

      ⇒多くなると思います。
      接待は本当に多いです。
      技術的なスキルを高めたいという方や生粋の技術屋の方はタイは向いていないかもしれません。
      日本で技術者をやっていた駐在員の多くもタイではタイ人に技術を教え込みつつ、マネジメント職に就きます。

      トミー様は日本で働いてから、タイに来るとのことですが私は良い選択だとは思います。
      タイでは日本人の教育制度は整っていません。即戦力が求められます。
      以前メールでも書いたかもしれませが、ある程度日本で働いて経験や知識を入れて海外に出るべきだと思っています。

      ただ、新卒もいるのでそのままタイに来て一からやるのも悪くないとは思います。
      あくまで日本で働いてからの方が良いと言うのは私の意見です。
      私自身、日本で仕事したのはほんの数年です。
      何十年も働いている人からすれば、ほぼ、仕事してない、新卒でタイに来ていると言われても仕方ない位の浅い日本での経験年数でした。
      私だけでなく、他の方の意見などを聞くのもいいと思います。

      日本で仕事した後にタイに来る時の多くの日本人が考える事があります。
      それが、給料が下がる事です。
      日本で働き、タイに来る時に必ずと言っていい程給料は下がると思います。

      今は円高なので、そこまで大幅に下がる事もないですが、ほとんどの方は給料が下がる事を容認してタイに来ます。
      タイバーツも日本円に対しては高いですが、ドル、その他の通貨に対しては安い状態になっています。
      今後タイバーツ安がさらに進むのか、どうなるか分かりません。
      色々懸念事項もあると思います。
      私個人的にはタイは地理的に重要な国であり、経済基盤もしっかりしているのでどんなことがあっても立ち上がると思いっています。
      何よりタイで仕事、生活はめちゃくちゃ楽しいです。

      私の意見ですので、トミー様もいろいろ考えて行動すればよいのではないかと思っております。

      以前はメールありがとう御座いました。
      あの熱意のこもったメールを送ってくれた方だと思っています。
      嬉しい事なのですが、今までに色々な方からブログを通じてメールをいただいてます。
      自分でもビックリするくらいタイの仕事とか生活の事について質問してくださってます。
      しかし、その中でもトミー様からのメールが一番熱意を感じました。

      何か少しでもトミー様の役に立てれば、こんなブログも何かしらの意味があったと感じています。

      また、何か質問や不安な点あればいつでも個別にメールくださいね。

      • トミー より:

        管理人様

        ご回答ありがとうございます。
        やはりタイではマネージメントが中心になってくるのですね。
        営業やマネージメントも含めて部下を持つことになると思うので、自分に付いてきてもらうためにも日本でガッツリ技術関係の知識と経験を付けていこうと思います。

        一からタイに来ることも考えましたが、教育制度がなく、即戦力を求められることを考慮すると日本でひとまず経験とスキルを数年積んだ方が後々良い方向に働くと思いました。ひとまずCCNAやLPICの取得を目指したいと思います!!!資格やTOEICなどできるだけアピールできる武器を作っていくことを意識していきたいです。

        向こうでの仕事や生活の話を聞くととてもワクワクしてきます。僕もタイに2回行ったことがあるのでそっちの環境が楽しいこと凄く共感できます。タイ大好きです(笑)本当に日本より住みやすいですよね^^ タイをモチベーションに、数年後にそっちで活躍できるよう日本での修行頑張りたいと思います!!!

        いつもご丁寧なアドバイス有難うございます。
        前回のアドバイスが方向性を決める際にとても参考になりました。ITの世界は未経験なので不安ですが、また何かありましたらメールでご報告させて頂けたらと思います。

        • ken より:

          トミー様

          コメントありがとうございます
          トミー様のキャリアプランとても良いと個人的に思います
          日本ほど労働者が守られている環境もないので、日本である程度勉強、経験を積んで海外に出る方が理に適っていると考えているからです

          タイでは即戦力にならずクビになってしまう日本人も多い実情があります。
          日本ほど日本人への社員教育という事を重点を置いていないからだと思っています。
          日本で働いてからであれば、このようなリスクも減らすことが可能ですし、駐在員という選択肢も出てくると思います。

          そして、日本で働くとタイじゃなくて、アメリカに行きたいと思うこともあるかもしれません。
          やはり技術的にも経済的にもアメリカが一番だとは今も思っています。
          日本で基礎を作っておけば、色々な可能性や興味も今まで以上に広がってくると思います。

          タイの仕事の話とかこちらで働かないと分からないことなども今後このブログに記載していきたいと思います

          いつの日か一緒にタイで働ける日が来るのを楽しみですね。
          こんなにやる気のある日本人が来ると私も安心していられない気持ちにさせられます
          私も日々勉強しないといけません

          またいつでも連絡ください
          ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です