バンコク風俗マスターの会社上司から教えて貰った感動の名セリフ集

LINEで送る
Pocket

私の会社は日本ではそこその名の通った有名な会社だ。
しかし、タイではまだまだ知られていない。
ベンチャーの域を出られていない小さな会社だと言える。

ベンチャー企業

もし、事業や大きなプロジェクトに失敗すれば即撤退もあり得るだろう。
常に仕事がなくなる、職を失ってしまうという緊張感を持って仕事している環境だ。

このような環境で数名の日本人共に何とか会社を日本と同じように大きくしようと日々仕事に精を出している。
日系企業だけでなく、タイのローカル企業にも毎日のように営業活動を続けている。

日本で仕事をしていた時に外資系企業でそれこそ今以上に過酷な忙しい環境に身を置いて仕事をしていた。
でも、今のタイでの仕事と比べると任されていた仕事の役割、責任は非常に小さかったと感じる。

日本ではここまでの仕事を任せて貰えないだろうという事もタイでは絶対数的に日本人が少なく、マネジメントをしなければならない為やらざるを得ない仕事環境に身を置かれる事になる。

タイで働く事の醍醐味として一人一人の裁量が非常に大きいというところがあるのだ。

仕事の裁量が大きい

私自身、今の仕事環境、任されている仕事内容にやりがいを非常に高く感じる。

やっぱり男性であれ、女性であれ、仕事というのは人生を生きる中で非常に重要な事だ。
一日の大半は仕事をしている。
その仕事にやりがいや楽しさを感じなければ、人生にやりがい、楽しさを感じないと言っても過言ではないかもしれない。

私は今タイで仕事をしていて本当に幸せだと感じる。

なぜならば、とても優秀な日本人の上司の下で大きな仕事を任せて貰えて働けているからだ。
日本にいた時は上司から与えられた仕事をするだけのただの作業者だった。
でも、タイに来て、この上司の下で働く事になり、ビジネスとは何かという根本的な所を学びながら仕事出来ている。

私の上司は非常に厳しい人だ。

この厳しい上司からマネジメント、リーダーシップ、マーケティング色々な事を学んでいる。
仕事する事とは何かという事を常日頃考えさせられている。

厳しい上司

仕事に対して厳しいことで有名なワタミの渡邉美樹と同じくらい厳しいと言えるかもしれない。
今までに何度も私の仕事のやり方について指摘されてきた。
私のお客さんへの対応について怒鳴られてきた。

ビジネス、働くという事を分かっていなかったからだと思う。
でも、この上司の下で働き、少しづづビジネスとは何か?営業とは何か?仕事っていう事について勉強をさせて貰ってきた。
非常に厳しい人ではあるが、この上司の後を付いてきて色々と学んできた。

いつも仕事で躓いた時、私の事を助けてくれた。
本当に尊敬しているし、感謝している私の大切な上司だ。

二人三脚

今回はそんな私の尊敬する会社上司から言われた10の言葉を紹介していきたい。

スポンサードリンク

バンコク風俗達人レベルに達している会社上司から教えて貰った感動の名セリフ集

私の会社上司から言われた名セリフを順に紹介していく。

名セリフ1.営業を知りたければ、まずゴーゴーバーへ行って来い

怖い上司

私は日本では技術職一本だったが、タイでは技術的な所も分かるセールスマンをしている。
日本と同じ業種ではあるが、職種は全くと言っていい程異なる。
営業とは何か?マーケティングとは何か?何もわからない状態でタイに来ていた。

営業マンは技術的な所だけ把握していては成り立たない。

新聞など世の中の最新動向を常に追っていく必要がある。
世の中の事もしっかり把握して行く必要があるのだ。

私がタイに来た当初営業について何も分かっていなかった。
初心者営業マンの状態で飛び込みでタイに来たような状態だった。

そんな私がタイに来た当初に会社の上司に言われた言葉がこの言葉だ。

セールスの基本を学びたければ、トップセールスマンになりたければゴーゴーバーに行けということだった。

ゴーゴーバー

最初はこの意味が分からなかった。
でも、今なら分かる。
この言葉はセールスマンにとって、とても深いイイ言葉なのだ。

ゴーゴーバーはタイの女性がお立ち台に立ってダンスをして、そのダンスを多くの男性が眺めるような場所だ。
気に入った子が入れば、自分の席に呼んで一緒に話をする。
女性が売り手の営業レディで男性が買い手の顧客である場なのだ。
ここにビジネスが発生している。

他のカラオケやMPなどにも同じようなビジネスが発生している。
しかし、ゴーゴーは他の場所とは異なり、踊る事で自分を売り込むことが出来る。
楽しそうに踊っている人、けだるそうにただ突っ立っている人、おしゃべりばかりしている人。
同じ場所でも人それぞれ自分の表現方法、売り込み方が異なるのだ。

どんなに綺麗な女性でもけだるそうにただいい加減に突っ立っているだけでは、印象は良くない。
一方綺麗ではないが、楽しそうに踊っている子は気になる。
なんであんな楽しそうなんだって思ってしまう。

そして、席に読んだ後もガンガンお酒を頼む子や法外な値段を要求してくる子もいる。
幾ら可愛くてもこんな空気の読めない子は好まれないだろう。
容姿が良くなくても、やり方次第では多くの売り上げを上げる事が可能なのだ。

ここに営業をする上で非常に重要な教えがある。

どんなにいい製品でもコストが高かったり、製品を売り込む営業マンの態度が放漫であったら購入を躊躇う。
一方少し製品が悪くても、コストが安かったり、製品を売り込む営業マンの態度や製品を買いたくなるような営業トークがあれば製品も売れるという事。

商談プロセスを理解する

私の上司は営業をする上で重要なこの事を学ぶ為に営業初心者だった私にこの場所に行く事を奨めたのだ。
営業マンとして商談プロセスを理解する上で今思うととても深い感動するいい言葉である。

名セリフ2.2035年の弊社の事業ビジョンを紹介します

営業

私の上司と新規顧客開拓のためにクライアント先に二人で営業活動をしに行った時に聞いた言葉。

私の会社の説明から、企業理念・事業内容の説明を実施して、最後に今後の事業ビジョンを説明した。
最後に20年後の事業ビジョンをプレゼンした時の第一声が2025年の弊社のビジョンを紹介します。だった。

ビジネスをする上で1年、2年先だけの目標やビジョンだけでは駄目なのだ。
数十年続いて事業として成功したと言える。

私の上司は1年、2年などの短いスパンでの事業ビジョンを見ている訳ではない。
もっと先の20年後どうなっているべきなのかという大きな目標を顧客に説明していた。
まず、このプレゼンは非常に成功した。実際にこのタイのローカル企業との新規のプロジェクト契約を結ぶことに成功した。

商談成立

そして、さらに深いと感じたのが、実はこの前夜に他の顧客との接待でコヨーテに行っていたのだ。
その接待は非常に盛り上がった。
私の上司はその場を楽しませるため、ビリヤード台の上である行動を始めた。
皆楽しそうに愉快に私の上司を見て笑っていた。
気持ちいいぃ、超気持ちいいぃぃってビリヤード台の上で満面の笑みで叫んでいた。

きもちいい

前日に見た上司の満面の笑みの顔と2035年のビジョンを説明する時の神妙な面持ちの顔が別人のようだった。
人はここまで変わる事が出来るという事。

ある程度の年になったら簡単に性格とか仕事のやり方を変える事は非常に難しい。

でも私はこの上司の行動、発言を見て、そんなことはない。

人はいつでも簡単に変わる事が出来る。

この事に非常に感動したのだ。

名セリフ3.タイガールと同じように顧客を愛する事、そうすれば仕事は自然と上手くいく

仕事が上手くいく方法

会社のブランド名、実績、信頼度は非常に重要だ。
私の会社はまだまだタイで無名だ。
実績も多くは作っておらず、信用もまだまだ小さい。

そんな時にずっと悩んでいた時期があった。
どうやったら会社の信頼を得られるのか?

もっと、顧客から信頼されて、会社、製品の知名度も上げて楽に営業活動したい。
こう強く思っていた。

そんな悩んでいた私に行ってくれた時の言葉がこの言葉だ。

『何が好きなのか?好きな人と同じようにお客さんも大事にする事。愛する事』

『タイガールと同じように顧客を愛せれば仕事は自然と上手くいく』

タイ女性

自分が愛するモノと同じように顧客を愛する事。サービスを提供する事。
こうやれば自然とお客さんから信頼をされていくという事だった。

とても、分かりやすい例えをしてくれた。
長い間悩んでいた私のモヤモヤを一瞬で吹き飛ばしてくれた。

名セリフ4.仕事も常に挑戦して積極的に失敗しろ

私の上司は数多くのタイ女性とお付き合いをしていた。
かなりモテていた。純粋に羨ましかった。

モテモテ男

そんなモテモテだった上司がついに一人の女性に絞って紹介されたことがあった。
私が初めて紹介された時にまず思ったこと。
このタイ女性に騙されているような気がしていた。

明らかにおかしい、金目当てだろって感じが拭いきれなかった。
詐欺師の匂いがプンプンする女性だった。

当初は大丈夫なのかなと心配していたが、なんだかんだずっと関係を続けていた。
一緒に同棲も始めて、安心していた矢先になんと多額のお金を持ち逃げされてしまった。

予感は的中した。やっぱり想定内だった。普通に詐欺師だった。
詐欺師って言うのはもう雰囲気で即わかる。

私の上司はかなり痛い目にあっていたが、私自身は予想できた、回避できたと思っていた。

上司から騙されたことについて話があった時に言われたのがこの言葉だ。

『今回、タイ人女性から騙されて色々なことを勉強した。おまえも失敗してもいいから仕事も常に挑戦する姿勢を忘れるな』

挑戦する事の大切さ

これを言われた時は、話の話題変えてますよねって心の中で思ってしまったが、私の上司が身を持って経験した事から言える大切な言葉。
経験者だから言える重い言葉。

失敗を率先してしろとは言わないけど、失敗を恐れて挑戦しないのはダメだという事。

名セリフ5.私は褐色の肌のタイ女性が好きだ。でも世間一般の日本人はチェンマイ出身などの肌の白いタイ人が好きだ。
マーケティングで重要な事は自分の事ではなく、世間一般の人が何を欲しがっているのか考えること

タイ人女性

マーケティングのマの字も分かっていないときに言われた言葉。
お客の為に何が出来るのか、主観的ではなく、客観的に他社との差別化も図りしっかり分析する必要があるという事。

マーケティングの基本中の基本の言葉をタイ女性を例に出されて言われた言葉。
いい例を出して、難しいことも簡単に説明出来る事に関して私の上司は天才とも言える。

スポンサードリンク

名セリフ6.マッサージパーラーの女性ランクの境界線は当てにするな

マッサージパーラー

MPではひな壇に座った女性がランク別に金額を分けられて座っている。
あれは何なんですか?と上司に質問した時に返ってきた言葉。

『人が決めた境界線なんて気にするな。当てにならない』

『1500Bの方が2000Bより全然良かったなんてことは日常茶飯事だ』

『店側が決めた先入観を持つな。自分の目でしっかり見極めろ』

『ひな壇の境界線は当てにするな』

雛ダン

頭は常に柔らかい状態にしておく必要があるという事。

新しいビジネスを考える時にアイデアを浮かびやすくするためには自分が持っている先入観や経験は一度捨て去って綺麗な状態で考えなければならない。
頭が柔らかくなれば、いつも行っている仕事もまた別の視点で色々な気づきを得る事が出来る。

名セリフ7.恵まれない子供たちの為に学校を作りたい

アジアの子供たち

タイは経済発展著しい東南アジアの国である。
しかし、まだまだ貧困が蔓延っているのが現実だ。

学校に行ける事が当たり前になっている日本人は良く考えないといけない。
世の中には勉強したくても、出来ない子供たちが大勢いる。

そんな恵まれない子供、学校にいけない子供の為に無償の学校を作りたいという事だった。

『恵まれない子供たちの為にソイカに学校を作りたい』

この目標、壮大な夢は簡単ではないだろう。

でも、こんな大きな夢を持って生きる上司に憧れている。

アジアに学校をつくる。
私の上司の最終目標と言える。

アジアに学校を作る

まだまだ、自分の事で精一杯だが、私も最終的には何か本当に困っている人の為に何かしたいと強く願う。
男のロマンあふれる夢の言葉。

名セリフ8.ウインナースポーツで100倍返しだ

接待ゴルフの後に当日私の上司のスコアが良くなかった為、むしゃくしゃしていた上司が言い放った名言。
上司のゴルフスコアは平均して90近く切るが、この日に限っては120を超えていた。

バッドゴルフ

絶不調のゴルフ接待だった。こういう日って結構ある。
本当にスコアが悪くなってしまう。

その日のゴルフ終了後、一緒に食事を取ったが、かなり気分が悪そうだった。

『今夜はウインナースポーツで100倍返しだ!』

100倍返しだ

この言葉を残して、私の上司はナナプラザへ向かうと言って一人で消えて行った。

名セリフ9.私が死んだら、ナナプラザの3階から遺骨をまいて欲しい

私の上司はナナプラザが大好きだ。
遺骨をまいて欲しい、死んでもその場所にずっといたいと思うほど思い入れがある場所とも言える。

ナナプラザ

私自身、今までに生きて来て、忘れられない場所はたくさんあった。
でも、自分の遺骨をまいて欲しいと言えるほどの場所にはまだ出会っていない。

本当に好きな場所、お気に入りの場所を見つけれられていないとも言える。
これは本当に悲しいことだ。

私もいつか本当に好きなその場所にずっといたいと思わせる場所を探していきたい。
上司の言葉を聞いてそう強く願う。

名セリフ10.Work Hard,Play crazy hard

良く働き良く遊べ

タイで働く日本人。

どういうイメージを持たれているだろうか?

日本では働けないような人がタイで働いているというイメージが少なからず残っていると思う。
ハッキリ言って、もうこれは古い。
今タイでは日本でも優秀な人たちが自らの意志でタイに来て働きに来ている。

本当にビックリするような学歴、経験、実績を持ったエリートだけど変態な人たちがタイで働いているのだ。

そして、そんな日本でも一級のエリートだった私の上司が良く口にする言葉。

『良く働き、狂った様に遊べ』

狂った様に遊ぶ

私の上司の口癖とも言えるかもしれない。

優秀な人ほど良く働き、良く遊んでいる。
仕事だけでは駄目なのだ。
プライベートも遊びも充実しないと仕事も上手くいかない。
何事にも言えるが、バランスが非常に重要なことなのだ。

プライベートが上手くいくと自然と仕事も上手くいく、仕事も充実すると言える。

私の上司は女が好きな為女遊びを狂った様に行う。

女遊び

ここで言う遊びは何でもいいのだ。
女遊びでもいいし、ゴルフでもいいし、ダイビングでもいいし、フットサルでもいい。
自分の好きな事をトコトン遊びつくす事が大事なのだ。
仕事だけでは駄目だ。

いくら、仕事が優秀でもプライベートが上手くいってない、つまらない人には何の魅力も感じない。
仕事も出来て、プライベートも良く遊ぶ人はとても魅力的な社会人だと思う。

尊敬する先輩

最後に

今タイでは日本でトップレベル、エリート街道を歩いてきた人たちも自らの意志でタイで働きにきている。

タイなら仕事も楽そうだし、働けるというイメージでタイに来て働くと痛い目にあるだろう。
実績のある仕事の出来る日本人が多くなってきている現状があるのだ。

これからもっと優秀な日本人が海外に出ていくという流れが出てくるだろう。

おそらくこの流れは今後さらに強くなっていく。

まだ私が勤める会社は小さい会社だけれど、上司と一緒に、少しでも上司の手助けとなるよう二人三脚でこれからもっと今の会社を大きくしていきたい。

感動

そして、私も少しでも優秀な社会人になれるように、少しでも私の上司に近づけるようにこれからも上司の背中を追いかけていきたい。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です