タイ就職、転職活動、仕事探し どう進めれば良いのか?

LINEで送る
Pocket

タイで仕事を探すにはどうすればよいのか?

まず、タイに行かなくてはいけないのか?
答えはNoだ。

まずは人材紹介会社に登録すること
タイの人材紹介会社

スポンサードリンク

タイの人材紹介会社について

タイに行く前に人材会社、リクルート企業に登録をする必要がある。
実はタイの仕事を扱っている人材紹介会社は多くある。
紹介会社だけでなく日本人を求めているタイ、日系、外資系企業の案件が非常に多い。
求人に合わせて紹介会社も多いのだ。
これらの人材紹介会社では日々新しい求人や既存求人のアップデートがされている。
私自身、2011年当時 手当たり次第にタイ向けの人材紹介会社に登録をして、多くの求人情報を確認した。
また、今現在も人材紹介社には登録したままなので日頃新規求人の情報を見ている。
直感的に私が転職活動をした2011年よりも今は数倍の求人が出ているように感じる。
2011年は東日本大震災で日本経済は落ち込み、タイもバンコク大洪水に見舞われタイ経済も落ち込んだ年だった。
そのような危機的な年であったという事もあるが、
それを差し引いても今多くの仕事がタイにあふれていると思う。
今が転職をする非常に良い時期だと感じる。給与の高い求人も非常に多い。

タイで仕事をするからといって直接タイ企業に直談判したり、
実際にタイに出向いて就職活動をする必要はない。
企業との最終面談ではタイで行う事は多いが、
タイに出向かなくても就職を決める事も企業によっては可能だ。

一次面接はSkype等のWeb面談も多くの企業が取り入れている。
また、日本に本社があるタイの日系企業であれば日本で完結して転職活動を終える事も出来る。

タイ就職に少しでも興味があるならば、まずはタイの仕事を斡旋、紹介している人材紹介会社に登録すればよいのだ。
今働いている日本の会社をまず辞めて、タイで就職活動をする必要はない。
どうしてもタイで働きたいならば会社を辞めてタイでの就職活動をするのは良いとも思う。
タイに対する思い、タイ就職の意気込みは企業側も買ってくれるだろう。
しかし、ハッキリ言ってこれはリスクが高すぎる。

万が一あなたの希望に合わない仕事しか見つからなかった場合、どうなるだろうか?
また企業の採用も時期的なタイミングもあり、給与が高い案件がある時期やあまりない時期もある。
一時的に採用を止めていた給与の高い企業も事業拡大によってさらに日本人を採用しようと開始する時期もある。
転職するタイミングも非常に重要なのだ。

この意味も含め今の会社で働いたまま、手始めに人材紹介会社に登録して仕事を紹介して貰ってから面接を行い、
仕事内容、給与や待遇面で満足できる会社を見つけてからでも遅くはない。

私個人的にはじっくり時間を掛けて、仕事を見つけるべきだと思う。
時間を掛けて

私自身もタイで仕事を探す際に実際に内定を貰うまでずっと以前の会社に勤めたままで転職活動を行っていた。
私の場合は数社受けて色々と悩んでた為2か月ほど転職活動に時間を使用した。
私は8社受けたのだが、1社不採用になった以外は全て内定を貰えた。
他企業と金額面や待遇、仕事内容を天秤にかけて今のタイの会社に入った。
タイ求人の給与を天秤にかける

逆に早く決めれないという事も無い。
あなたのやり方次第ではタイ就職活動は意外に直ぐに終わる。
2週間程で決まる事もザラだ。私の場合も1時面接で即採用してくれた企業もあった。

あなたがタイで働きたいと思い、人材紹介会社に登録して企業の面接を受かれば、
たったの2週間でタイに住む事も可能だ。

タイの仕事を探す

人材紹介会社に登録が終了したら、さっそく仕事探しだ。
jobsearch
あなたの経歴にマッチした仕事を人材紹介会社が探してくれる。
基本的には待ちの姿勢で問題ない。
私が就職活動をした際に数社人材紹介会社に登録したのだが、
人材紹介会社によっては登録しても何もサポートしてくれない、仕事を探してくれても何もアドバイスをしてくれない等酷い会社もある。
これはまた別の記事で記載するが、タイの仕事探しをする上で一番重要な事は実はタイの人材紹介会社選びなのだ。

企業の採用面接を受ける

人材紹介会社が仕事を見つけてくれたら次は実際に企業との面接となる。
面接の詳細な日程も人材紹介会社があなたと企業の間に入って全てサポートしてくる。
あなたの希望日程を伝えて、あとはこちらも待つだけだ。
タイでの採用面接2次面接までが多い。1次はWeb等で行い、2次面接ではタイで行う形だ。
基本的には1次が合格すれば、2次は所属される部長や社長との面接になるのでほぼ落ちる事はないだろう。
内定を貰ったら、後はタイで生活、始業する為の準備が始まる。
タイ 内定

最後にタイの就職活動は難しくない。日本と同様もしくはそれ以上にスムーズに事が進む。
まずはタイ就職に興味があるならば人材紹介会社に登録して自分の目でタイの仕事を探してみるのはどうだろうか?

タイで就職活動するためのまとめ

  1. 人材紹介会社に登録する
  2. 仕事を探す
  3. 面接を受ける
  4. 内定を貰いタイで生活、始業開始
LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です