どんなに良い環境でもタイ人はバイト感覚で簡単に会社を辞める

LINEで送る
Pocket

タイ人は簡単に仕事を辞める。
正社員であろうが、バイト感覚で簡単に辞めてしまう。

私も今までに何回も自分の会社のタイ人が辞めていくのを見て来た。
私自身4年前の企業面談時に世話をして貰った人事の人は私が入社するのと同時に辞めていた。
面接もしてくれていて、日本からタイに来るまでの間色々と世話をしてくれたのだが、
入社したらもう辞めていたのだ。
お礼を言う事すら出来なかった思い出がある。

今でも月にかならず5人くらいは辞めているだろう。
正直辞めすぎだと思っている。

私の会社を例にタイ人が会社を辞めていく例を紹介していきたい。

かなりいい待遇を受けている

私の会社は一般的なブラック企業ではない。
自分の会社を庇護するわけではないが、客観的に見てもだいぶ良い会社だと思う。
3Kとは程遠い、仕事もだいぶゆるい方だと思う。
遅刻やSickleaveを皆しまくっているが、特に大きなペナルティやクビにすることなんてない。
ホワイト企業と言ってもいい位の企業だ。

会社のブランドもいい

私の会社は日本だけでなく、世界的に見てもかなり有名な企業だ。
働いている場所もバンコクの一等地にある。

給料もいい

タイ人でも7万、8万バーツ以上貰っているタイ人管理職、エンジニアはゴロゴロいる。
ボーナスもビックリするぐらいいい。
給料も一般的なタイの会社と比べるとかなりいい方だ。
タイ人が尊敬できる、自分のキャリアの目標と出来るようなタイ人も同じ会社で働いている。
タイ人だから上にいけない、日本人しかマネージャになれないという事もない。

福利厚生や教育制度もかなりしっかりしている。

タイでは病院が高いが、サポートの手厚い保険会社と契約を結んでいて
病院に面倒を見てしまうような事があったも殆どを負担してくれる。
カフェテリアやトレーニング制度もしっかりしている。
エンジニアであれば特化した外部研修を受ける事が出来る。
管理職であればマネジメント研修を受ける事が出来る。
年に数名を対象にタイ人スタッフは会社の経費で日本に派遣して、教育をさせている。
かなり充実した福利厚生と教育制度が整っている。

学歴もみんないい大学を出ている。

マヒドンやカセサートなどタイを代表する大学を出ているスタッフもいっぱいる。
仕事をしながら大学院に通っているスタッフも多い
働いているタイ人の質も良い方だと思う。

職場の雰囲気はめちゃくちゃいい

日本人、タイ人ともに怒鳴り散らすような人もいない。
ピリピリしている人もいない。
社内の雰囲気、人間関係も悪くない。

スポンサードリンク

タイ人は仕事を簡単に辞める

ここまで見て来て、かなり恵まれた環境だとは思わなかっただろうか?
むしろ、こんな恵まれた環境があるだろうか?
日本にもあまりないのではないだろうか?

しかし、タイ人はこんなに条件が良くても、どんなに良い役職についていてもバイト感覚で簡単に辞めてしまう

会社でも上層部に位置するマネージャークラスのタイ人も簡単に辞めてしまう。
いいポジションについていようが、いないがあまり関係がないのだ。
日本人しかマネージャになれないなんてことはなく、タイ人がマネージャーでその下に日本人が付いているなんてこともザラだ。
皆バイト感覚で会社を辞めてしまうのだ。
こんなに良い環境でもタイ人は直ぐに会社を辞めるのだ。
しかも、辞めすぎでしょという位みんな辞めるのだ。

タイ人はなぜ辞めるのか?

これには個人それぞれの理由が色々とあるが、主な理由を挙げると下記になると思う。

少しでも今よりもいいところがあれば移ってしまう

タイでは経済上昇に伴い、賃金も上昇している。
そして転職市場も常に人で不足で
何処かのサイトで入社したその日に転職活動をしているタイ人がいるという記述を拝見したが、
あながち間違っていないと思う。
タイ人は少しでも今よりお金やポジションでいいところがあれば、常に転職していい会社に行こうと考えている。

少しでも嫌な事があると辞めてしまう

職場で少しでも人間関係や仕事で嫌な事があると、タイ人は我慢せず辞める。
こうならないように常にタイ人をケアしていく必要がある。

副業や何か自分で新しい事にチャレンジする為に辞めてしまう

こうなってしまうと、止める事は難しくなる。
タイ人は本当に独立心旺盛だ。
タイ人はみな程度の差はあれ、誰の下でもなく、いつか自分の力だけでやっていきたいという気持ちを持っている。

単純に働きたくない

もうこうなってしまうとどうしようもない。
驚くかもしれないが、この理由でやめるタイ人はかなり多くいる。
働きたくない。もう辞めるのだ。
次に何も決まっていない状態で、あっさり辞めていく。

タイの失業率は1%を切っている。
仕事を辞めても直ぐに見つかるという位、多くの求人情報が出ている。
別に今仕事を辞めても直ぐに見つかるという気持ちがタイ人にあるんだと思う。

1%を切っている低い失業率が逆に離職率を高める一つの原因になっているのだ。

og

最後に

あなたもタイで働けば分かると思う。
如何にタイ人が辞めまくるか

既に働いている人は分かると思う。
あなたも何人ものタイ人が辞めていくのを見てきたはずだ。

タイで働いてきて、何回も何十回もタイ人が出すFarewellメールを見て来た
そして、これからも見ていくと思う。
これは日本とは大きく異なるタイの職場での特徴とも言えるかもしれない。

如何にしてタイ人に長く働いてもらうか
タイ人の機嫌を伺いつつ、タイ人に付いてきてもらえるような人間にならないといけないと日々感じている。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です