甘党必見のタイの美味しいおすすめのスイーツ・デザートTOP10ランキング!!

LINEで送る
Pocket

タイ料理は非常に辛い料理として知られています。

世界三大スープのひとつにもなっているトムヤムクンスープ。

非常に辛いタイを代表するスープ料理ですね。

三大スープの中でダントツの辛さを誇っていて、よくこのスープが世界の三大スープに選ばれたなと思うほどです。

TomYamSoup

パパイヤを使ったサラダ料理ソムタムも非常に有名なタイ料理です。

このソムタムも非常に辛いタイを代表するサラダ料理です。

特にソムタムパラーという種類のソムタムが舌が痺れるほどの辛さを持っています。

SomTam

タイの料理はどの料理にもパクチーや唐辛子の香辛料が使用されていて、全体的に辛い料理がとても多いです。

タイ人から言わせると日本の味噌汁は甘く、日本食全体が刺激が足りないように感じるようですが、僕自身ももう何年もタイで生活していますが、未だにタイ料理は本当辛いなーと日々生活していて思います。

タイに来た当初よりは慣れてきていますが、やっぱりタイ料理は辛いんです。

たぶんこれは在タイ日本人である僕以外の日本人にも同じイメージかなと思います。

タイ料理は本当辛い料理が多いんです。

ThaiSpicyFood

確かに、そのとおりなんです。

タイ料理は辛いんです。

でも、タイのスイーツはタイ料理とは打って変ってめちゃくちゃ甘かったりするんです。

実はタイはお菓子天国の国でもあります。

非常に豊富なスイーツを揃えている国なんです。

ThaiSweet

辛いタイ料理を補うかのごとく数多くのスイーツがタイにはあるのです。

タイ料理は辛くて有名ですが、実は甘いスイーツがたくさんある甘い物好きにもおすすめのスイーツ天国でもある国なんです!

スポンサードリンク

タイ料理は辛いだけじゃない!甘いもの好き必見のタイのスイーツおすすTOP10ランキング!

今回は僕が個人的に好きなタイのスイーツをランキング形式で紹介していきたいと思います。

10位 ブアローイ・ナーム・キン

Flour bun Stuffed with Black Sesame and Ginger Syrop

生姜の汁に団子を入れた中華系スイーツ。

日本のおしるこのようなタイの古くから伝わるトラディショナルなお菓子です。

とにかく甘い味付けが特徴的です。

最近の若いタイ人の子はあまり食さないスイーツでもありますね。

タイでもこの伝統的なスイーツは今では一般的なスイーツではなくなっています。ちゃんとしたタイレストランでしか食べることが出来ません。

ただ、甘い団子とかが好きな人にはもってこいのタイのスイーツです。モチモチした食感もグッドポイントです。

日本のみたらし団子のような甘い団子好きは是非!

9位 フォーイ・トーン

FiosDeOvos

溶かした卵と熟したシロップを固めた超絶甘いタイのスイーツ。

アヒル卵の黄身と緑豆あんの種で作ったお菓子で、このスイーツもタイでは伝統的な部類に入る昔から伝わるタイのお菓子です。

現代っ子のタイ人はこのお菓子も普段食べることは少ないスイートとなっています。

このお菓子は今ではタイのお坊さんやお寺へお布施として渡すお菓子として有名なんですね。

なので、タイのお寺周辺に行けば、このお菓子を買うことが出来ます。

タイは仏教国なので、仏教の習慣の一環としてお寺へ差し上げているんです。

一見、仏教の信仰が強いように思えますが、実は、このお菓子をタンブンすると金持ちになるとタイ人は信じています。

なぜなら、このお菓子の色は金色です。金色なので、このお菓子をお布施すると金運が上がると言われているんです。

だから、タイ人はみな好んで、このお菓子をお布施するんですね。

余談ですが一見、信仰心が強そうに見えますが、タイのお布施って自分のためっていうのが強いんですよ。

みな、自分が徳を積めるようにタンブンするんです。

話はずれましたが、パサパサした食感を楽しめますので、食べるも良し、お布施して金運アップにトライするのも良しの伝統的スイーツですので一度はぜひ。

8位 ルーク・チュップ

ThaiDesert

豆で作った皮でココナッツのあんを包んだ伝統的な団子風のお菓子。

タイらしく、外見はとても色鮮やかなスイーツです。

このお菓子のようにタイ人は本当色鮮やかな色が大好きなんですよ。

服装とかも派手な色を好みます。

日本人は黒とか白とか紺とか茶色系の落ち着いた色合いの服装を好みますよね。

でも、タイ人は派手な色が大好きなんです。

タイ人が派手な色が好きなことが、このお菓子の色合いにも表れている気がします。

タイの子供が好きなお菓子でもあり、一つ1〜2バーツくらいです。めっちゃ安いですね。

子供だけでなく大人でも食べれる味で美味です。一口で食せます。

ターミナル21にも売っていますが、観光客向けだと一つ10THBとか払わされます。

BigCなどのローカルなスーパーマーケットで5分の1くらいの値段で食べれるのでBigC,TescoLotusで食べることをオススメしたいです。

7位 ロッティ

Roti

タイの超絶甘いスイーツ。

タイというよりは、インドやバングラデシュから伝えられたお菓子とも言われています。

バンコクの至る所で、ロッティ屋が店を出しているのでどこでも食べれるお菓子です。

セブンイレブンの店前でロッティ屋台を出していることがパターンとしては多いですね。

そして、バングラデシュ人が店を構えていることが多いです。たぶん、バングラデッシュでも有名なお菓子なんでしょう。

料金はトッピングなしであれば、10THBくらいです。

バナナやその他トッピングを付けると20THB〜30THBくらいします。

なお、シロップやクリームたっぷり付けることになるので、ダイエット中の方は控えた方が良いお菓子でもあります。

僕もたまに無性に食べたくなるんですが、非常にカロリーが高そうなんで、ちょっと危険なスイーツでもあるんですね。

ただ、非常に甘いお菓子なので、激甘党は味見ぜひ。

スポンサードリンク

6位 カノム・チャン

Uiro

プルプルした食感のタイの伝統的なお菓子。

日本のういろうみたいなタイのお菓子です。

味はそこまで甘くはないですが、食感を楽しむ事が出来るタイのお菓子です。
このお菓子は、タイの子供がよく食べてます。

色はえげつない色からカラフルな色まで色々な派手な色のカノムチャンがあります。

非常に甘いタイのスイーツの中では比較的日本人にも合う甘さのお菓子です。

5位 カノム・トゥアイ

Khanom Thuai

ココナッツミルクをお椀に入れて蒸して作ったお菓子。

日本の茶碗蒸し的な発想で作られれたスイーツですね。

このスイーツは食感がクセになります。小さいお椀に入っているのでお腹が一杯でも2、3個ペロリと食べれてしまいます。

このお菓子は、ヌードルショップで食べることが出来ます。

タイ人は麺を食べた後にこのスイーツを食べて締めに入るのを好むみたいですね。

日本人は麺で締めますが、タイ人は麺の後にカノムトゥアイを食して締めるんです。

食後のデザートとして出しているヌードル店と出していない店があるので、もしあれば頼んでみてください。

タイ人と同じように麺を食べた後はカノムトゥアイで締めましょう!これがタイ流です。

4位 トーン・イップ

ThaiSweetDesert

先に紹介したフォイトーンと全く同じ味で、タンブン用の伝統的なお菓子です。

フォーイトーンは切り刻んだ形なのでパサパサしていますが、このトーンイップは丸めて固めているので食感はモチモチしていて、味が凝縮されています。

卵と砂糖を煮詰めているので非常に甘くて美味しいです。

ナイトマーケットや市場では必ず見る事が出来るお菓子ですので、

タイの市場に訪れたなら、食べてみてください。

3位 タイのかき氷

ShavedIce

タイのフルーツとかき氷をミックスしたスイーツ。

タイではかき氷にココナッツミルクをこれでもかというくらいたっぷりかけて食します。

傾向としてはハワイのかき氷に似ていますね。甘いアイスとかき氷を融合させています。

ガリガリ君と甘いチョコ系アイスを混ぜたような感じですね。

大きなデパートであれば、比較的どこでもかき氷のお店を年中だしているので、一年中暑いタイではいつでも食べれます。

タイは日本と違って、年中夏ですから年中かき氷を食べれる環境にあるんです。

日本の夏のデザートの定番ですが、タイでもかき氷はデザートの王道です。

2位 ブアローイ

SweetThailand

アヒル卵とシロップを練った種を乾かしてから作ったスイーツ。

タイ人の間では暑い時に食べるお菓子です。

タイでは年がら年中いつでも暑いわけなので、いつでも食べれるわけですが、ランチタイムに食べているタイ人も見かけますね。

食後に食べるスイーツというわけでもなく、タイ人の間ではいつでも食べるお菓子です。

朝とか昼の3時、小腹が空いたときとか軽く食べる感じのスイーツです。

なお、ブアローイは作るのが大変みたいで、あまりメニューにも見かけませんが、タイレストランで出しているお店があります。

タイ旅行に訪れて、タイレストランで食事をとることがあれば、このデザートがあるかどうか確認してみてあれば頼んでみてください。

あまり有名なスイーツではないですが、個人的に大好きでおすすめのタイのスイーツです。

1位 カーオ・ニャーオ・マムアン

StickyRiceWithMango

蒸したモチ米であるお米にココナッツミルコをこれでもかという程、たっぷりかけたご飯と熟したマンゴーのスイーツ。

カオニャーオケーオともいい、お米を使ったスイーツですね。

サッパリしたマンゴーのフルーツのジューシー感とこってりモチモチしたお米の相性が抜群です。

多分普通の日本人はごはんとマンゴーなんて絶対合わないと思うとおもいます。タイ人の味覚はオカシイとおもうことでしょう。

僕も最初は半信半疑でした。

でも、これ実際に食べてみるとめっちゃ合うということに気がついたんです。

もち米のモチモチした感じとマンゴーのシャキシャキした感じの食感もめっちゃいい感じですよ。

マンゴーが結構サッパリしていて甘すぎず、ココナッツミルクをかけた甘いもち米との味わいが絶妙なんですね。

ごはんとマンゴーって日本ではまず、一緒に食べない組み合わせで、普通の日本人にはオカシイと思うかもしれません。

でも、タイに来たら騙されたと思って、一度は食べてみて欲しいタイのスイーツです。

DeliciouseThaiSweets

最後に

タイ料理は辛いだけじゃないんです。

めちゃくちゃ辛いタイ料理の後は、めちゃくちゃ甘いタイのスイーツを食べるのがタイ流なんです。

タイ料理も最高ですが、タイのスイーツも本当美味しいですよ。

タイに来たならば、タイの甘いスイーツもぜひ!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です