海外移住の国選び

LINEで送る
Pocket

海外移住する上で目的の次に重要な国選びについて記載していきます。

目的が明確になったら次はその目的を達成するために最適な国を選ぶ必要があります。
世界には200近い国、地域がありますが、この目的に沿った国を選ぶことによってある程度の数まで国を絞り込むことが可能です。

スポンサードリンク

国選びで重要な点は3点あります。

1.目的に沿った国選び

2.自分の能力に沿った国選び

3.自分が好きな国

英語力を上げたいという目的を例に国選びの方法を記載します。

目的に沿った国選び

英語力を上げたいという目的であるならば英語が公用語であるアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ等の国が候補としてまず挙がります。
またフィリピンやインド等英語が公用語でなくても第二か国語として英語が広く通じる国も移住先の候補として挙がります。
英語がほとんど通じないフランス、タイ等は候補から必然的に外れます。
目的で国選びのフィルターを掛けるだけで200か国の中から7か国まで絞り込む事が出来ました。

スポンサードリンク

今の自分の能力にあった国選び

次にこの絞られてた国の中で今の自分の能力と照らし合わせ、国をさらに絞り込みます。

もしあなたの英語力が既に高く、ネイティブのようにヒアリング、スピーキングを行いたいのであればフィリピン、インドの第2か国語で英語が話されている国ではあなたの能力にあった国選びではなくなる為、候補から除外される事になると思います。
また、あなたの英語力がまだ低い場合はフィリピン、インドの国も候補から除外される事はなく、まずはこれらの国で基礎を固め、第2ステップとしてアメリカ等のネイティブの国にステップアップしていく事も可能です。
実際に現在韓国人はフィリピンでの英語留学は流行しており、まず初めのステップアップとしてフィリピンに留学し、基礎を固めた上でアメリカ、オーストラリア等に移住、留学しています。
また能力としてあなたの経済力に余裕があるのであればアメリカ、イギリスでの留学も可能ですが、
経済力に余裕がない場合は遥かに物価が安いフィリピン、インドでの留学を選ぶことになると思います。
あなたの現在の能力によって国選びをさらに絞込みます。

好きな国を選び、移住先を決定する

最後にあなたがその国が好きかどうかを行う事によって国を決定します。

目的と能力で国選びの絞り込みを行った最後にあなたがその国が好きかどうかで国を決定します。
あなたの英語力が高く、アメリカに移住してネイティブのように話せるように努力してもその国が好きでなければ挫折をすることになります。

アメリカ人とウマが合わず、コミュニケーションが取れなければ英語力は向上しないでしょう。
治安が悪く、外に頻繁に出かける事が出来ない環境では英語力は向上しないでしょう。
自分の趣味を生かせる場がその国に無ければ現地の人と仲良くなれず英語力は向上しないでしょう。

目的と能力だけで判断は出来ず、最終的にはその国が好きか、自分に合っているか身をもって感じる事が必要です。
また、国の中でも様々な地域が存在しています。
もしあなたが英語力向上を目的としていてサーフィンが趣味であればサーフィンのメッカであるアメリカ カリフォルニア ハワイ、オーストラリア ゴールドコーストなど国の中でもさらに地域の絞り込みを行う事が出来ます。
自分が何が好きかその国、地域が好きか見極める事が大切です。

移住をする前に旅行や一時的に滞在をして自分がその国、地域が好きかどうか判断する必要があります。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です